総合案内所〜大体のことはここから〜

神前 暁総合案内所
神前さん関連の情報(「涼宮ハルヒの憂鬱」「化物語」など)をご案内します。
化物語シリーズ音楽情報まとめ(個別ページ)

梶浦由記総合案内所
梶浦さん関連の情報(「魔法少女まどか☆マギカ」「Fate/Zero」など)をご案内します。
魔法少女まどか☆マギカ音楽情報まとめ(個別ページ)
-劇場版アニメ「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語」の音楽情報
-劇場版アニメ「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語」の音楽情報
【梶浦由記】ソードアート・オンライン音楽情報まとめ(個別ページ)

ZAQさん関連ディスコグラフィー
-ZAQさん関連ディスコグラフィー(2012年)
-ZAQさん関連ディスコグラフィー(2013年)

search this site.

selected entries

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>


categories




archives

テレビアニメ「ヨスガノソラ」 公式サイト

recent comment

recent trackback

search this site.



others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.01.22 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    iTunes再生回数(2014年09月分)

    0
       遅くなりましたが、先月分のiTunes再生回数を見ていきます。集計に使ったソフトはこちらの記事参照。

       まずは、曲別再生回数。

      RankSong NameArtistPeriod Play Count
      1シークレットゲーム(PS2ソフト「シークレットゲーム -KILLER QUEEN-」 オープニング主題歌)遊女||||||||||||| 26
      2Daydream café (TVアニメ「ご注文はうさぎですか?」オープニング主題歌) Petit Rabbit's / 佐倉綾音・水瀬いのり・種田梨沙・佐藤聡美・内田真礼||||||||||| 22
      3幸せ願う彼方から泉かなた(島本須美)||||||| 15
      4unity (TVアニメ「GOSICK -ゴシック-」エンディング主題歌)コミネリサ||||| 10
      4オラシオン (TVアニメ「ノーゲーム・ノーライフ」エンディング主題歌)白(CV:茅野愛衣)||||| 10
      6beingdai|||| 9
      6もうそう♡えくすぷれす (TVアニメ「〈物語〉シリーズ セカンドシーズン」オープニング主題歌)千石撫子(花澤香菜)|||| 9
      8Allegro Cantabile (TVアニメ「のだめカンタービレ」オープニング主題歌)SUEMITSU & THE SUEMITH|||| 8
      8Old MemoryBruno Wen-li|||| 8
      8いつかの、いくつかのきみとのせかい (TVアニメ「僕らはみんな河合荘」オープニング主題歌)fh?na|||| 8
      8アラタなるセカイ (OVA「アラタなるセカイ」主題歌)河野マリナ|||| 8
      8夢だったのか、夢じゃなかったのか(M16)三澤康広|||| 8
      8SOMEONE ELSE (TVアニメ「WORKING!!」オープニング主題歌)種島ぽぷら(CV:阿澄佳奈)・伊波まひる(CV:藤田咲)・轟八千代(CV:喜多村英梨)|||| 8
      14Glitter (TVアニメ「リコーダーとランドセル ド♪」主題歌)多田 葵 feat.Sister 773||| 7
      14ignited-イグナイテッド-T.M.Revolution||| 7
      14気まぐれ、じゃんけんポンっ! (TVアニメ「ひだまりスケッチ×SP」オープニング主題歌)ゆの( CV.阿澄佳奈)、宮子( CV.水橋かおり)、ヒロ( CV.後藤邑子)、沙英( CV.新谷良子)||| 7
      14おんなのこのきもちMONACA||| 7
      14虹色ミラクル (アニメ映画「THE IDOLM@SSTER MOVIE 輝きの向こう側へ!」エンディング主題歌)765PRO ALLSTARS||| 7
      14ねぇ (TVアニメ「緋色の欠片」オープニング主題歌)藤田麻衣子||| 7
      14Rolling! Rolling! (TVアニメ「ロウきゅーぶ!SS」エンディング主題歌)RO-KYU-BU!||| 7


       「シークレットゲーム」が1位ですが、これは曲名のミスを修正した影響なので実質は1,2回再生です。「幸せ願う彼方から」「unity」も同様。なので、実質1位は「Daydream café」。ダントツですね。ほぼ毎日聴いてました。元気を貰える曲です。曲自体が、というより世界観全体が。

       その後「オラシオン」「being」「もうそう♡えくすぷれす」が続きます。「being」は「ひぐらしのなく頃に 解」の劇伴曲ですね。以前ニコニコでこの曲の演奏動画を観てから気になってたんですが、この度漸く入手しました。いい曲です。

       8位あたりはピアノが印象的な曲が多いですね。14位あたりからはあんまり自分で聴いた記憶はないです。


      RankAlbum NameArtistAlbum RatingPeriod Play Count
      1「ひぐらしのなく頃に 解」 オリジナルサウンドトラックdai 3||||||||||||||||||||||||||||||| 62
      2ソ・ラ・ノ・ヲ・ト オリジナル・サウンドトラック大島ミチル 0||||||||||||||||||||||||||| 55
      3ヨスガノソラ 依媛奈緒 オリジナルサウンドトラック -New-Bruno Wen-li★ 21||||||||||||||||| 34
      4jupiterBUMP OF CHICKEN★★★★ 70|||||||||||||||| 33
      4つり球 オリジナル・サウンドトラック栗コーダーカルテット 0|||||||||||||||| 33
      6Daydream caféPetit Rabbit's / 佐倉綾音・水瀬いのり・種田梨沙・佐藤聡美・内田真礼★★★ 50||||||||||| 23
      7「有頂天家族」オリジナルサウンドトラック藤澤慶昌 14||||||||||| 22
      8TVアニメ「のんのんびより」オリジナルサウンドトラック水谷広実 9|||||||||| 20
      9神さまのいない日曜日 O.S.T 「鎮魂歌 Requiem」水谷広実 14||||||||| 18
      10放浪息子 オリジナルサウンドトラックMONACA 9|||||||| 16


       前述のひぐらしサントラがトップ。2番目は先月末から今月頭にかけて一期観したソラヲトのサントラがランクイン。全体的に先月はあんまりアルバム聴けませんでした。その中で地味に再燃してるバンプ熱。でもこれ別にアルバム単位で聴いてるわけではないという。

      RankArtistArtist RatingPeriod Play Count
      1dai 3||||||||||||||||||||||||||||||| 62
      2BUMP OF CHICKEN 12||||||||||||||||||||||||||||| 58
      3大島ミチル 2||||||||||||||||||||||||||| 55
      4神前 暁 2|||||||||||||||||||| 41
      5水谷広実 11||||||||||||||||||| 38
      6Bruno Wen-li★ 21||||||||||||||||| 34
      7栗コーダーカルテット 0|||||||||||||||| 33
      8ChouCho★ 18||||||||||||| 27
      9Petit Rabbit's / 佐倉綾音・水瀬いのり・種田梨沙・佐藤聡美・内田真礼★★★ 50||||||||||| 23
      10藤澤慶昌 6||||||||||| 22


       アーティスト別はアルバムから予想がつくとおりdaiさん。2位にバンプ。地味にChouChoさんがランクインしてるのは9月にあった深窓音楽演奏会の影響。


       僕は普段スマフォで音楽聴くことも多いのですが、そちらでよく聴いてる曲はこれらとは結構違うなーと思います(まあそっちは再生回数わからないので正確なのはわからないですけど)。なんか結構聴いてたイメージの曲でもiTunesではほとんど再生してなかったり。集計合算出来たらいいんですけどね。




      「【ソロギター】TVアニメ「放浪息子」より「おんなのこのきもち」」を投稿したよ。

      0
         9月16日はMONACAの作曲家・神前 暁さんの誕生日ということで、記念にソロギター動画を投稿しました。

        【ソロギター】TVアニメ「放浪息子」より「おんなのこのきもち」



         カメラの調子が良くなくて使い物にならなかったので、音だけ先にとって動画は後であて振りしたものを合わせました(画質落として撮影したらいけた)。演奏は演奏でミスがいくつかあるのですが、気力・体力的にこれ以上もう無理でした……毎度思いますが本当プロって演奏が上手いとか下手とか以前にミスせずに1曲弾き切れるってだけで大尊敬ですよね。こちら、何時間かけても何度やり直しても必ずミスします。まどマギか!

         チューニングはドロップDでカポ1フレットで弾いてます。アレンジ自体は実はもう2年くらい前には既に出来上がっていたのですが、演奏をなかなか録る気になれなかったので自分で弾いてたり弾いてなかったりしてただけでした。

         この曲、「おんなのこのきもち」は2011年にノイタミナで放送されたTVアニメ「放浪息子」の劇伴曲なんですが、この作品の劇伴音楽を担当したのは神前 暁さん岡部啓一さんでした。……でした。アニメのOPでのクレジットはそうでした。ただ、サウンドトラックが発売された際のブックレットの表記では「神前 暁、岡部啓一、帆足圭吾」となっており、さらに『リスアニ! Vol.4.1 アニソン クリエイターズ』のインタビューでは曲によっては高田龍一さんや石濱 翔さんも手伝っているとの発言がされているという、クレジットのクレジットがない状態の作品となっています。まあ、全員MONACAの方々なので、「MONACA」と表記しておけば間違いはないですが……(JASRACのデータベースもそうなってますし)。

         そういう経緯だと他の、神前さん作曲が確定してる曲の方が今日は相応しいんじゃないの?という気がしますし一応他の曲もアレンジしてあるんですが、まあまだまだ演奏が投稿する域にないというか録音しても辛いだけというか……。というわけで、その曲はまた別の機会に。


         それでこの曲自体の話。この曲自体は何回か使われていますが、個人的に印象深いのは第5話「夏のおわりに〜Long, long shadow〜」のAパートラストの花火シーンですね。似鳥くんのモノローグからこの曲が流れ始めて、文化祭のシナリオをみんなで書き上げた後に花火をする。再度似鳥くんのモノローグに戻るところで音楽の音量が上がり、夏の終わりの夜の花火の映像と相俟ってとても切ない雰囲気のシーンです。このシーンでこの曲が僕の脳裏に焼きつきました。余談ですが、この曲は僕のiTunesの再生回数ランキングでダントツです。まあダントツなのはアレンジのために何度も耳コピしてたからというのも大きいのですが。


         ちなみに、放浪息子の音楽を聴いたことある人ならご存知かと思いますが、この曲と同じ旋律をギターで弾いたバージョンの「おとこのこのきもち」という劇伴曲もあります。なので、実質今回の僕のソロギターアレンジは「おとこのこのきもち」を弾いたと言えなくもないのですが、伴奏のフレーズや曲の雰囲気としては完全に「おんなのこのきもち」を意識してアレンジ・演奏しました。

         ところで、なんとなくイメージ的にはギターは男性が弾くもの、ピアノは女性が弾くものというイメージが広くあるかと思いますが、ロマンス系の言語では「ギター」を表す名刺は女性名詞であり、「ピアノ」を表す名刺は男性名詞であるのが一般的です。これらの名詞における「男性・女性」は純粋に性別的なことを表してるわけではないですが、それを意識した上で「おとこのこのきもち」がギター(女性名詞)で演奏され、「おんなのこのきもち」がピアノ(男性名詞)で演奏されている、そして今回「おんなのこのきもち」(ピアノ曲)をギター(女性名詞)を使って男性である僕が演奏する(??)、というのは「放浪息子」という作品のテーマになかなかシンクロした性の倒錯具合を見せれているのではないかと思います。



        iTunes再生回数(2014年08月分)

        0
           忘れてないよ!


           といきなり言い訳みたいな感じですが、前回書いた通り1カ月ごとに再生回数を記録していきます。更新が遅くなりましたが、データ自体は2014年9月1日時点でちゃんととってあります。ちなみに、僕は朝起きたときに再生回数を記録しておりますので、再生回数は記録した日付の前日までの分の再生回数を表していることになります。


           さて、ではまず2014年8月1日〜2014年9月1日の間に僕がiTunesで聴いた曲のランキングを観てみましょう。とりあえず30位くらいまで。

          RankSong NameArtistPeriod Play Count
          1私...見守ってるよ!三森すずこ|||||||| 17
          2トポロジー(TVアニメ「ROBOTICS;NOTES」エンディング主題歌)いとうかなこ||||| 11
          3vs. 〜知覚と快楽の螺旋〜福山雅治||||| 10
          3Daydream café (TVアニメ「ご注文はうさぎですか?」オープニング主題歌)Petit Rabbit's / 佐倉綾音・水瀬いのり・種田梨沙・佐藤聡美・内田真礼||||| 10
          5Endless NOVA (TVアニメ「最強銀河究極(アルティメット)ゼロ〜バトルスピリッツ〜」エンディング主題歌)AG7(喜多修平 / HIMEKA / 佐咲紗花 / 河野マリナ / 鈴木このみ / 岡本菜摘 / 小林竜之)|||| 9
          5ジオラマの花ジャパハリネット|||| 9
          5モがたいリめでもゆめみサマー!丹生谷森夏 (CV 赤千夏)|||| 9
          8涙星 (TVアニメ「サムライフラメンコ」第10話エンディング主題歌)ミネラル★ミラクル★ミューズ (CV.戸松 遥/M・A・O/山崎エリイ)|||| 8
          8Before it's too lateBruno Wen-li|||| 8
          8サマーフィルムサイ・トツゲキ・オーケストラ|||| 8
          8世界が夢見るユメノナカ涼宮ハルヒ(平野綾)、長門有希(茅原実里)、朝比奈みくる(後藤邑子)|||| 8
          8御旗のもとに巴里華撃団|||| 8
          8涙はらはら伏見いなり(CV:大空直美)|||| 8
          8笑顔の行方Bruno Wen-li|||| 8
          8タチアガレ! (アニメ映画「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」主題歌)Wake Up, Girls!|||| 8
          8きせつの町 (Webラジオ「のんのんびよりうぇぶらじお」エンディング主題歌)nano.RIPE|||| 8
          8ヨスガノソラ メインテーマ -遠い空へ-Bruno Wen-li|||| 8
          8せいいっぱい、つたえたい! (TVアニメ「まじかるるるも」おーぷニンフ主題歌)三森すずこ|||| 8
          8唯一人 (TVアニメ「ピンポン THE ANIMATION」オープニング主題歌)爆弾ジョニー|||| 8
          8あの空に還る未来で (TVアニメ「バディ・コンプレックス」エンディング主題歌)ChouCho|||| 8
          21シスターポルノグラフィティ||| 7
          21「memories」 (TVアニメ「ONE PIECE」エンディング主題歌)大槻真希||| 7
          21海の涙出羽良彰||| 7
          21MY LONELY TOWNB'z||| 7
          21蕾がひらくとき (TVアニメ「デート・ア・ライブ」第3話劇中歌)夜刀神十香 (CV:井上麻里奈)||| 7
          21夢のpreparation (TVアニメ「祝福のカンパネラ」第8話オープニング主題歌)トルティアカンパニー〔サルサ(柚原有里)、リトス(後藤麻衣)、ゴーレム(安元洋貴)〕||| 7
          21レリーフのひとかけら田村ゆかり||| 7
          21PIPES OF PEACEPaul McCartney||| 7
          21まっしろわーるど (TVアニメ「未確認で進行形」エンディング主題歌)みかくにんぐッ!【夜ノ森小紅・夜ノ森紅緒・三峰真白(CV:照井春佳、松井恵理子、吉田有里)】||| 7
          21せーのっ! (TVアニメ「ゆゆ式」オープニング主題歌)情報処理部 (大久保瑠美、津田美波、種田梨沙)||| 7
          21弾けろ! しーきゅーぶ! (TVアニメ「ステラ女学院高等科C3部」エンディング主題歌)ステラ女学院高等科C3部||| 7
          21光の旋律 (TVアニメ「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」オープニング主題歌)Kalafina||| 7
          21オラシオン (TVアニメ「ノーゲーム・ノーライフ」エンディング主題歌)白(CV:茅野愛衣)||| 7
          21ハルジオンBUMP OF CHICKEN||| 7
          21ホリデイBUMP OF CHICKEN||| 7
          21ミライファンファーレ (TVアニメ「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」オープニング主題歌)流川ガールズ【宇佐美奈々子(CV伊藤美来)、小日向縁(CV三澤紗千香)】||| 7
          21tune the rainbow (アニメ映画「ラーゼフォン 多元変奏曲」主題歌)坂本真綾||| 7
          21母の手出羽良彰||| 7


           やっぱり30曲は多いですかね〜。でもまあ僕は基本そこそこの数の曲をランダム再生してるので再生回数があんまりバラけなくて同じ再生回数ばかりで、トップ10だけだと何とも言えない感じになるんですよね。(30位台まで抜き出してもあんまり変わってない感ありますが)

           人によって再生リストの作り方はそれぞれだと思うのですが、かつての僕は再生リストに好き「だった」曲をどんどん溜め込み、削除できずにいた結果、チームに貢献してきたベテラン選手をその能力が衰えても切れずに高額の年俸に苦しむクラブみたいな再生リストになってしまい、早い話がスキップしたいと思うような曲ばかりになって満足度の低い再生リストになっておりました。

           それで「これではいかん」と思い、1、2年前くらいに「スマートプレイリストとレートを組み合わせてランダム再生すればいい感じに自分好みのラジオ作れるんじゃね!?」と思って、既存プレイリストの中で特に聴きたい曲は★5つ付けて★5つの曲の身のスマプレに、新曲とか時間があるときは聴きたい曲は★4つつけて★4つ以上のスマプレに入れてみました。

           が、元々こうなった理由が理由なのでレート付けようとするとその曲に対する評価や思い入れがどうしても出てしまい、ほとんど★5つばかり付けてしまってあんまり変わらなかったんですよね……。なので、「本当に今聴きたい曲だけ切り出そう!」と★4つのものを全て★3つに表示を変え、★5つのものを全て★4つに一旦変えた上で、ちょっとでもスキップしたいとか再生を躊躇う気持ちになったものはどんなに自分が好きだと思っていた曲でも★4つのままにし、そうでない曲を★5つにしました。

           そうして出来上がったプレイリストを再生してみたら「うはっ、自分が聴きたい曲ばかり流れるw 神かw」というとても満足度が高いものになりました。なりました……が、その当時の★5つのスマプレの当時の楽曲数が大体150曲、そして今はというと……516曲……!

           というわけで、この曲別再生回数的にもそろそろ管理の仕方見直し時期ですね。別にここに挙がってる曲は全部好きではあるのですが、また一旦レート切り下げを行うのがいいかもしれません。今はとりあえず新曲を★5つにぶちこんじゃってるのを変更する部分も含めて。


           で、ランキング自体ですが、そんな事情なのになんで1位にこの曲が頭一つ抜けてるの!?と自分でもびっくりというかタイトル的にややホラーみたいな感覚すら覚えましたが、これ確か曲名の表記ミス見つけて直したやつです。なので実質1位は「トポロジー」ですね。でも「トポロジー」も先月自分でこの曲再生した覚えは一度もないですね……なんかうちのiTunesやたらこの曲流しますね。


           はい、では次はアルバム別の再生回数です。こちらは10位まで。

          RankAlbum NameArtistAlbum RatingPeriod Play Count
          1Music From "Kill Me Baby"EXPO★★★ 60||||||||||||||||||||||||||| 108
          2ヨスガノソラ 依媛奈緒 オリジナルサウンドトラック -New-Bruno Wen-li★ 22||||||||||||||||||| 79
          3TVアニメーション「きんいろモザイク」 サウンドブック はじめまして よろしくね。川田瑠夏 8||||||||||||| 54
          4TVアニメ ステラ女学院高等科C3部 オリジナルサウンドトラック中川幸太郎 2|||||||||| 43
          4TVアニメ「ガールズ&パンツァー」オリジナル・サウンド・トラック浜口史郎 0|||||||||| 43
          6TARI TARI ミュージックアルバム 〜歌ったり、奏でたり〜 disc1 〜奏でたり、たどったり〜浜口史郎 0|||||||||| 40
          7祝福のカンパネラ オリジナルサウンドトラック "CAMPANARIO"Elements Garden 0||||||||| 39
          8「残響のテロル」オリジナル・サウンドトラック菅野よう子 0||||||||| 36
          9湯乃鷺メモリィズ [Disc 1]浜口史郎 0|||||||| 34
          10劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』オリジナル・サウンドトラック高田龍一 0||||||| 31

           前にも書いた通りアルバム1周を1回としての再生回数ではないので、短い曲が多いサントラが基本上位に来ます。

           「キルミーベイベー」のサントラが1位ですが、これはキルミーのキャラを「ご注文はうさぎですか?」の絵柄で描くためにキルミーの漫画読んでたときにずっと流していたからです。そして、ごちうさの漫画を読んでるときは、まだサントラが出ていないので同じく川田さん作曲で作風も似てる「きんいろモザイク」のサントラを流していました。アイマスのサントラ入ってるのはコミカライズ3巻が発売されてそれ読みながら流してたからですね。そういうのが多いです。C3のサントラはなんで聴いたか思い出せません。


           それでは最後、アーティスト別再生回数トップ10です。


          RankArtistArtist RatingPeriod Play Count
          1浜口史郎 1|||||||||||||||||||||||||||||||||||| 147
          2EXPO★★★ 60||||||||||||||||||||||||||| 108
          3Bruno Wen-li★ 22||||||||||||||||||| 79
          4川田瑠夏 4|||||||||||||||| 67
          5BUMP OF CHICKEN 12|||||||||||||| 58
          6三森すずこ★ 18||||||||||| 47
          7中川幸太郎 1|||||||||| 43
          8REMEDIOS 0|||||||||| 40
          9Elements Garden 0||||||||| 39
          10ANANT-GARDE EYES 0||||||||| 37


           アルバム見た段階でなんとなく察しはついてましたが浜口さんが1位です。浜口さんはこの秋P.A.WORKSさんのオリジナルアニメの劇伴あるので期待して聴いていた……わけではありません。なんでこんなに聴いてたのか自分でも思い出せません。

           こちらもアルバム同様短い曲が多い劇伴作家が有利なのですが、バンプさんと三森さんがランクイン。なんか最近自分の中でバンプ熱が再燃しつつあります。Mステで久しぶりに演奏する彼らを見たからでしょうか。


           次回は、曲の再生ランキングがもう少し自分の感覚に近いようなものになるようにスマプレをいじってみますのでお楽しみ(?)に。



          リスアニ!マラソン 2014年夏クールの陣に参加してきたよ。

          0
             先週の話ですが、先週8月16日(土)に「リスアニ!マラソン 2014年夏クールの陣」に参加してきました。リスアニ!マラソンとは何かと申しますと、定期的にアニソン音楽雑誌を発刊してたりライブイベントなどを行っているリスアニ!編集部の方々による、そのクールのアニソン聴き倒しイベントです。今回は現在放送中の2014年夏クールの分のアニソンでした。

             

             以前から存在は気になっていたのですが、この度9回目にして初めての参加となりました。場所は都内某所となってるのであんまり言わない方がいいのかもしれませんが乃木坂でした。渋谷でのメトロ乗換えと乃木坂駅の出口トラップに惑わされました……あれなんであんなにわかりにくいの!


             イベントの方は13時過ぎから始まり。席には500mlの水入りペットボトルとバナナ1本、あとうまい棒のお菓子セットなどがあり、6時間の長丁場を乗り越えられるようになっていました。空席がちょこちょこあったこともあって割とゆったり机も使えました。

             登壇者はリスアニ編集長の西原史顕さんと副編集長の澄川龍一さん、そしてライターの冨田明宏さんのお馴染み3人組。一応「マラソン」イベントということでスポーツウェアっぽい感じの衣装で出演するコンセプトあるみたいなんですが、律儀に守ってるのは冨田さんだけで澄川さんはもう普通に無視してました。西原さんも守ってるようなのですが、他二人から「それ寝間着だろ」と言われてました。


             進行としては、大体4曲程度続けて曲を聴いてから1曲ずつ順に西原さんたちがトークしてそれを3回程度繰り返して休憩、というのを5回繰り返し、終わったのが19時半。タイムテーブル作った時点で19時には終わらねーってわかってたらしいんですが、予定通り19時半に終われたのは以前の企画からすると早かったようです。

             飲食物以外に配布された資料としては、チラシやクリアファイル、番号がプリントされたゼッケンの他、歌詞カード(カードというより冊子)、リスアニ!WEBのアンケート、あと曲毎の評価アンケートでした。

             評価アンケートは5〜1の五段階(5がとても良い、1がとても悪い)で、曲自体の評価とアニメにどの程度合ってるか(こちらも5〜1の五段階)の二つの点から評価するようになってました。

             一部フルサイズではなくテレビサイズのものもあったのですが、当然それでも今クールのアニソン全て聴くのに6時間では到底足りず、聴いたアニソンは26作品47曲。大体現在放送作品の半分という感じでしょうか。その中で僕が曲・マッチ具合両方ともに5を付けたのは、まじもじるるもOP曲の「せいいっぱい、つたえたい!」ハナヤマタED曲の「花雪」でした。

             るるもOP曲は最初は5・4でいこうかと思ってたんですが、歌詞見ながらフル聴いてたら泣きそうになったのでカンストしました。花雪はもうAメロで泣きそうでした。元々5・5のつもりでしたが、フルは期待通り良かったです。ただ、澄川さんたちが花雪ではなくアナ雪の話で盛り上がったのでこの曲に関するコメントし忘れかけてましたが! あ、僕は西原編集長のハナヤマタ評に割と感覚近いです。(たぶん書かない方がいいけど)

             他にフルで聴いて特に印象変わって良かったのは、さばげぶっ!ED「ぴてぃぱてぃサバイバード」、真・ストレンジ・プラス主題歌「3′30″ -サンプンハン-」、月刊少女野崎くんOP「君じゃなきゃダメみたい」、アオハライドED「ブルー」、ヤマノススメ セカンドシーズンOP「夏色プレゼント」ですね。Free!Eternal SummerED「FUTURE FISH」みたいに元々いいと思っててその通りに良かった曲とかもありますが。逆に、ばらかもんOP「らしさ」はテレビサイズ結構好きだったのですがフルが思ったほどではなかったという。あとはソードアート・オンラインOP「IGNITE」がテレビサイズだったのが残念。

             さばげぶED曲は、タイトルからして「畑さん頭おかしい」と登壇者の方々が仰られていました。いや本当歌詞見てもどうやったらこんなの出てくるんだという感じの言葉が並んでいました。でも歌含めとても楽しいいいキャラソンでした。ストプラ2期の主題歌はアニメが3分アニメということもありサビしか流れておらず、そこしか知らなかったのですが、フルが想像以上に良かったです。特にラスサビの盛り上げ方が期待通りに王道的で良かったです。歌詞にもアニメとリンクした仕掛けありましたし。アオハラED曲は地味な曲だなーと思っていたのですが、フルで聴くととてもじんわり染み入ってきて切なくなりました。フルで特別仕掛けがあるわけではないですが、今回聴いてかなり印象変わりましたね。ヤマノススメ2期OPも元々好きでしたが、アニメで聴く限りはそこまでという感じでした。ただ改めてこうして聴くともう泣きかけましたね。Tomさんいい曲作るし稲葉さんいい歌詞書くし、井口さんと阿澄さんの歌声無邪気。この辺は評価は4・5付けました。

             そして、元々とてもいいと思っていた野崎くんOP曲はフルで聴いたら予想以上に良かったです。イントロの時点で滅茶苦茶高まります。思わず体動かしたくなりますね。そしてあのキャッチ―なサビですよ。これはライブ盛り上がりますね。この曲は5・4で付けました。

             全てにコメントするのは面倒なので省略しますが、今回改めて聴いて印象大きく変わったのはこのあたりですね。

             印象変わったといえば、会場で聴いてるとどれも音割れしてるかのようなバリバリ音だったのが気になりました。特に魔法科の主題歌みたいにデジタルサウンド系だと歌も楽器の音も全部潰れて音の壁が迫ってくる感じで聞き苦しかったです。序盤そんな感じのが続いたので、意外と聴きやすかったアルジェヴォルンのED曲に評価が甘くなりました。その後グラスリップの主題歌群に入ってやっと心落ち着きました。

             一方で結構ありそうと思ってたトーキョーグールOP曲とかは割りと聴きやすかったですね。他の曲も生演奏系は結構音強めで鳴ってるように感じていたのもその印象に反して聴きやすかったです。逆に、バスドラきつめな曲はここで聴くとそこまできつく感じなかったり。というより、どの曲もバスドラがかなりきつくて、強めな曲でもあんまり違いわからないという……。バスドラって大抵は家とかで聴いてると入ってるのかわからないぐらいな感じなんですが、ここで聴いたのはどれもうるさいくらいでした。まあ僕が高評価付けてるようなのは比較的控えめではありましたが、それでもちょっと強過ぎない?と思いました。音源の問題なのか音響の問題なのかわかりませんが、仮にもソニーさんが関わっているイベントですし、あのバリバリ感含めああいうのが「高音質」とされるのだとすると複雑です……。

             とまあなんだか暗い感じで終わりましたが、流れなかった曲が結構あるのと改善点など気になる部分もあったものの意外に6時間半はきつくなく、面白いイベントでした。ここでは書かない方がいいような澄川さんたちのコメントが聴けたのも良かったです。なんだか3人ともが優等生的にその楽曲・アーティストを褒めてるときより、誰かがその楽曲やアニメに対して熱く語るのを別の人が否定的に評してバトルする方が面白かったですね。

             次回は第10回目ということで、なにかこれまで溜めたゼッケンなどが活かされるイベントするかもとのことなので期待したいですね。






            リスアニ!でユニゾン田淵さんがカップリングの話をしていたので。

            0
               結構前の話になってしまうのですが、今年1月に発売された『リスアニ!Vol.16 (M-ON! ANNEX 579号) 』にて、UNISON SQUARE GARDENの田淵智也さんがアニソンのカップリング曲について語っていらっしゃいました。なので、今回はそれに便乗して、僕が選んだ2013年のオススメアニソンカップリング曲トップ10を紹介したいと思います。



              10位 絶対高校デビュー計画 / 大和ゆら (CV:牧野由依)
               作詞:Gom、shito 作曲:shito 編曲:HoneyWorks

              シングル『弾けろ!しーきゅーぶ!』カップリング曲


               第10位は、2013年夏に放送されたTVアニメ「ステラ女学院高等科C3部」のエンディング主題歌シングル『弾けろ!しーきゅーぶ!』のカップリング曲から。作詞・編曲はエンディング主題歌と同じ作家陣。作曲だけGomさんではなく、shitoさん。GomさんもshitoさんもクリエイターユニットHoneyWorks(通称ハニワ)の作家さんです。

               エンディング主題歌自体も楽しくていいキャラソンなのですが、カップリングは主人公の大和ゆら役の牧野由依さんによるソロ楽曲。本編と同様絶対高校デビューしてやるんだぞ、というアニメ開始当初のゆらの気持ちを歌った歌なんですが、アニメのその後を思うと変わればいいってもんじゃねえぞ……という気持ちもあったりなかったり。ゆらはきっと同時期に放送していた「帰宅部活動記録」の「2学期デビュー大作戦!!」を聴いて再起を決意したことでしょう。

               とはいえ、楽曲自体はまだクズ闇化するゆらの要素はなく、あどけない感じの爽やかな曲です。なんだかスピッツさんとか歌ってそうです。ギターがいいですね。


              9位 大好きな風を / 鵜野うずめ (CV:大橋彩香)
               作詞:Funta3 作曲・編曲:Funta7

              シングル『今よ!ファンタジスタドール』カップリング曲


               9位は、同じく2013年夏アニメ「ファンタジスタドール」からオープニング主題歌シングル『今よ!ファンタジスタドール』のカップリング曲「大好きな風を」。作家陣は、主題歌の作詞を担当した二人組ユニットFuntaさん。Funta3とかFunta7とか表記ありますが、これは本人たちが気分で付けてるだけなので特に意味はありません。つまり、全部Funtaさん。

               アニメの売上の割に狂信的なファンを生み出したアニメとしてやたら有名になった作品ですが、主題歌は両方ともいいです。それに劣らず、カップリング曲もいいです。主題歌は鵜野うずめと頭が愉快な仲間たちが歌ってますが、こちらのカップリングは主人公である鵜野うずめ役の大橋彩香さんのソロです。
               
               曲はFuntaさんらしく爽やかでちょっぴり切ない感じの曲です。大橋さんの無邪気な感じの声と相俟って癒されます。とってもへごへご〜。サビのラララ〜のあたりのメロディが好きです。AKB48の「少女たちよ」っぽいですが。
               

              8位 名もなき星 〜Silent Stars〜 / Gero
               作詞:六ツ見純代 作曲・編曲:黒須克彦

              シングル『BELOVED×SURVIVAL』カップリング曲


               8位はまたも夏アニメ「BROTHERS CONFLICT」からオープニング主題歌シングル『BELOVED×SURVIVAL』のカップリング曲「名もなき星 〜Silent Stars〜」。カップリングですが、同アニメの挿入歌としても使用されました。作詞はオープニング主題歌と同じく六ツ見さん、作曲・編曲はGeroさんのサウンドプロデューサーを務める黒須さん。

               オープニング主題歌もノリが良くて爽やかでいいのですが、こちらの透明感のあるバラードもいいです。なんかAメロとかメロディも歌もコブクロさんっぽいですが。ここまで直球な黒須さんのバラードは珍しいと思うので、黒須さん好きは聴いてみましょう。ちなみにこの曲Geroさんのアルバムにも入ってます。


              7位 打ち上げ花火 / 春奈るな
               作詞・作曲:Tomoyuki Ogawa 編曲:森 空青

              シングル『アイヲウタエ』カップリング曲


               7位はまたしても夏アニメ「<物語>シリーズ セカンドシーズン」のエンディング主題歌シングル『アイヲウタエ』の3曲目に収録されている「打ち上げ花火」。作詞・作曲はTomoyuki Ogawaさん、編曲は森さん。

               この曲はまあなんと言ってもサビメロですね。サビメロがとても耳に残りやすい必然性のあるメロディです。一度聴いて口遊めるクラスのメロディ。これがA面でいいんじゃないかというくらい。ちなみに、もう1個のカップリング曲である「恋の戦士」もいい曲です。このシングルは3曲入りですが全部いいですね。


              6位 きせつの町 / nano.RIPE
               作詞:きみコ 作曲:佐々木淳 編曲:nano.RIPE

              シングル『なないろびより』カップリング曲


               6位は、秋アニメ「のんのんびより」のオープニング主題歌シングル『なないろびより』の2曲目のカップリング曲である「きせつの町」。作詞はオープニング主題歌と同じく、ボーカルのきみコさん、作曲はギター担当の佐々木さん、編曲はバンドで。カップリング曲ですがのんのんびよrのWebラジオ「のんのんびよりうぇぶらじお のんのんだより!なのん」のエンディング主題歌として使用されました。
               
               オープニング主題歌もゆったりとした透明感のある、田舎の夏に合うような曲なんですが、僕は断然こちらの曲の方が好きですね。nano.RIPEさんのバンドアレンジ・サウンドはスピッツさんぽくてとても好みなんですが、中でも佐々木さんのシンプルでキャッチーなメロディは特にそれと相性良くてあとスピッツさんぽくて好きです。ていうか、この曲A面でシングル切るべきだと思うんですけれども。最近のnanoさんの曲では一番売れ線な気がします。
               

              5位 私...見守ってるよ! / 三森すずこ
               作詞:畑 亜貴 作曲:しほり 編曲:森慎太郎

              シングル『ユニバーページ』カップリング曲


               5位は、秋アニメ「アウトブレイク・カンパニー」のオープニング主題歌シングル『ユニバーページ』のカップリング曲「私...見守ってるよ!」。作詞はお馴染み畑 亜貴さん、作曲はしほりさん、編曲はラブライブの主題歌でそこそこ名が売れた森さん。中川翔子さんの「つよがり」にハマっている時期にこのクレジットを見たので僕の中でしほりさんが一気に注目作家さんのリスト入りを果たしました。

               三森さんは昨年ソロデビューしたわけなんですが、爽やかでポップな曲とは裏腹にそのシングルのタイトルが『会いたいよ...会いたいよ!』→『約束してよ?一緒だよ!』と続いたのでネット界隈ではヤンデレだのストーカーだのメンヘラだの言われておりまして、このシングルで作詞が畑さんから渡辺さんに変わったこともあって「ユニバーページ」となったので「やっと回避されたか……」とほっとしたのも束の間、カップリング曲で「私...見守ってるよ?」としっかり本領を発揮したのでファンはみな震えあがり歓喜しました。こう、一瞬まともになったかと思った裏で「……見てるよ?」って感じがより効果的ですね。闇が深い気がします。そして何より驚いたのが、これネットだけのネタかと思ってたらユニゾン田淵さんも「今回の三森さんのストーカータイトルシリーズどうなってしまったんやろ……」と心配していたことですね。三森さんは業界的にもストーカーアイドル路線なのか……。

               というネタもありますが、曲自体はとても爽やかでキャッチーです。カップリングにしておくのは勿体ないくらい。まあA面の「ユニバーページ」も素晴らしいですし、「ユニバーページ」の方が主題歌的な華やかさがあるのでこれでいいんですが、エンディング主題歌としてこの曲を使っても良かったなあと思いますね。普通にA面として切れる曲ですね。サビがいいですサビが。スネア頭四つ打ちリズムでこういうメロディ好きです。あと、このシングルのジャケットの絵、結構好きです。

               ちなみに、この曲は三森さんの1stアルバムにも収録されております。


              4位 夢見サンライズ / 歌組雪月花 夜々(cv.原田ひとみ)・いろり(cv.茅野愛衣)・小紫(cv.小倉 唯)
               作詞・作曲・編曲:ヒゲドライバー

              シングル『回レ!雪月花』カップリング曲


               4位は、秋アニメ「機巧少女は傷つかない」のエンディング主題歌シングル『回レ!雪月花』のカップリング曲である「夢見サンライズ」。作詞・作曲・編曲はエンディング主題歌と同じくヒゲドライバーさん。

               リスアニ!でユニゾン田淵さんがED曲もこのカップリング曲もあまりに名曲過ぎてヒゲドライバーさんにお歳暮を贈ろうとしてしまうくらいに評価してましたが、どちらもいい曲です。が、エンディング曲もインパクトありますが、個人的にはこちらのカップリング曲の方が断然好きですね。

               僕が思う聴きどころはまずワッショイ!。次に、そこから曲のテンポが倍になるところ。そして原田さんと茅野さん小倉さんによって何度も繰り返されるfu fu。気持ち良過ぎて脳が解ける。じわじわと来る中毒性が半端ないです。中毒性はED曲の方もあるんですが、あっちは割とすぐ飽きちゃうんですよね。でもこっちは未だに飽きないですね。カラオケ入らないかなー。

               
              3位 もしこの壁の中が一軒の家だとしたら / Linked Horizon
               作詞・作曲・編曲:Revo

              シングル『自由への進撃』カップリング曲


               3位は、春から夏にかけて放送されたTVアニメ「進撃の巨人」のオープニング主題歌シングル『自由への進撃』の3曲目から「もしこの壁の中が一軒の家だとしたら」。このシングル『自由への進撃』には、「進撃の巨人」の1クール目のオープニング主題歌である「紅蓮の弓矢」、2クール目のオープニング主題歌である「自由の翼」、そしてこの曲の全3曲が収録されています。唯一、この曲だけノンタイアップなんですが、タイトルからもわかるとおり「進撃の巨人」の世界観をもとに作られており、曲の最後には1曲目「紅蓮の弓矢」の冒頭に繋がる様な演出がなされています。

               「紅蓮の弓矢」に関しては、間違いなく2013年のアニソンで最も注目を浴び、最も売れ、最も知名度があり、最も歌われ、最も演奏された曲であろうと思います。紅白も出ましたしね。文句なくアニソンの歴史に名を刻みこみました。

               ただ楽曲の素晴らしいパワーの反面、ボーカルのRevoさんの歌はオケに負けてたり、オケ自体もなんだかバランス悪いような……という気もしなくもないです。それに比べると、この「もしこの壁の中が一軒の家だとしたら」の方がひとつの楽曲としての完成度は上という感じがしますね。何より歌が上手い(元も子もない)。まあ柳 麻美さんの歌も素晴らしいのですが、アレンジも「紅蓮の弓矢」「自由の翼」に比べて地に足がついていて、なおかつ静かなる戦いの鼓動を感じさせる勇壮さも兼ね備えていて素晴らしいと思います。サビ前の想いを吐き出すようなロングトーンからのあの勇ましいサビが本当格好いいです。

               なお、JOYSOUNDではこの曲入ってるんですが、例によって歌詞表示がアレなのでとても歌いにくいです。

               
              2位 ハレルヤ ハレルヒ / 荻上千佳 (CV.山本希望) 吉武莉華 (CV.上坂すみれ) 矢島美怜 CV.(内山夕実) 波戸賢二郎 (CV.加隈亜衣)
               作詞:青木久美子 作曲:三森 哲 編曲:橋本由香利

              シングル『アオくユレている』カップリング曲



               2位は、夏アニメ「げんしけん二代目」のエンディング主題歌『アオくユレている』のカップリング曲「ハレルヤ ハレルヒ」。作詞はプリキュアシリーズでお馴染み青木久美子さん、作曲は三森さん、編曲は安心と信頼の橋本由香利さん。

               「げんしけん二代目」は第1話を流し見した程度なんですが、主題歌はどちらも良かったですね。特にED曲が良かったので割とすぐにCD借りたんですが、そこでこのカップリング曲が素晴らしくて衝撃を受けました。僕は基本シングルもアルバムもとりあえず手に入れたのは収録曲全て一通り聴くのですが、まあ基本本当一通りでして、そこで引っかからなかったものはそのまま放置状態になるんですね。だからここで挙がってるようなのはそういう一次試験を突破した中での精鋭たちということになりますが、その中でもこの曲を最初に聴いたときの「こういうの好きだあ!」という昂揚感はなかなか珍しい感じでしたね。あんまりアニメじゃやらないですけどこういう曲調いいですよね。ちなみに、TVアニメ「弱虫ペダル」のエンディング主題歌『風を呼べ』のカップリング曲の「世界で一番素敵な人」もこれに似た曲調でした。今回残念ながらランク外でした。

               この曲はメロディもいいんですが、橋本由香利さんの編曲が素晴らしいですね。とても心地よいサウンドです。チャカポコチャカポコ。目の前で演奏されてるような生っぽさがいいですね。「ハレルヤ ハレルヒ ルルララで」というフレーズも思わず口にしたくなります。他の部分の歌詞の区切り方はかなり独特で、カラオケで歌うと原曲に忠実なほどなんか歌ミスってる人になりますが。

               
              1位 愛の星 / 水樹奈々
               作詞:水樹奈々、吉木絵里子 作曲:吉木絵里子 編曲:藤間 仁

              シングル『Vitalization』カップリング曲


               1位は、夏アニメ「戦姫絶唱シンフォギアG」のオープニング主題歌シングル『Vitalization』の2曲目に収録されている「愛の星」です。作詞は水樹さんと吉木絵里子さん、作曲は吉木さん、編曲はElements Gardenの藤間さん。
               
               この曲はカップリング曲ではありますが、アニメ映画「宇宙戦艦ヤマト2199 第七章」のエンディング主題歌として使用されております。水樹さんのシングルはカップリング曲全曲にタイアップ付くのが珍しくないとはいえ、ばりばりのタイアップ曲を1位にするのはどうなの?という気もしますが、この曲そんなにアニメファンの間に浸透してる感じないのでまあいいかと。

               この曲はとても美しい、壮大なバラードです。藤間さんの優しく透明感のあるピアノとストリングスに吉木さんの美しいメロディが乗り、水樹さんの綺麗な歌声が響く……泣ける。歌詞がまた曲と合っていていいですね。Aメロの歌詞が特に好きです。あとDメロ。僕、水樹さんの曲だと上松さん関連より吉木さんや藤間さんの曲の方が好きな気がします。

               聴くのもいいんですが、メロディの動きや曲の展開、言葉の乗せ方が歌っていてとても気持ちいい感じに仕上がっております。聴いてるだけで歌いたくなってきますね。思わず曲の世界観に入ってしまいます。一度歌ってみてください。

               あえて言うなら、Dメロの後静かになって落ちサビになるのはいいんですが、その後一番壮大になってのラスサビが待っていそうなのにその手前で終わるのが凄まじく肩透かしあるのが物足りないですね。え、そこで終わるの!?という。もうちょっとあざとく盛り上げても良かったのでは。

               

               という感じでトップ10紹介しました。この他にもいい曲たくさんあるので、皆さんもお目当ての曲だけでなくたまにはカップリングとかアルバム曲もつまみぐいしてみましょう。


              10位:絶対高校デビュー計画 / 大和ゆら (CV:牧野由依)
              9位:大好きな風を / 鵜野うずめ (CV:大橋彩香)
              8位:名もなき星 〜Silent Stars〜 / Gero
              7位:打ち上げ花火 / 春奈るな
              6位:きせつの町 / nano.RIPE
              5位:私...見守ってるよ! / 三森すずこ
              4位:夢見サンライズ / 歌組雪月花 夜々(cv.原田ひとみ)・いろり(cv.茅野愛衣)・小紫(cv.小倉 唯)
              3位:もしこの壁の中が一軒の家だとしたら / Linked Horizon
              2位:ハレルヤ ハレルヒ / 荻上千佳 (CV.山本希望) 吉武莉華 (CV.上坂すみれ) 矢島美怜 CV.(内山夕実) 波戸賢二郎 (CV.加隈亜衣)
              1位:愛の星 / 水樹奈々

               


              iTunesの再生回数を眺めてニヤニヤしよう。

              0
                 いきなりですが、僕は統計データみたいなたくさんの数字を眺めるのが好きです。今家での音楽再生ソフトにiTunesを使っているのも再生回数が記録されるからというのが一番大きな理由です。でもこのiTunesの再生回数って累計でしか出ないんですよね。ある期間、例えば去年一年間で一番聴いた曲ってなんだったのだろう?と調べようとしてもわかりません。そういうのを知りたい、という需要がどれだけあるのかはわかりませんが、手間の方が大きいのか未だに実装されません。

                 そこで誰か作ってないかな〜と検索したら、そういうフリーソフトを作っていらっしゃる方がいました。

                 sa-boom!! client ver3.0.0をリリースしました!(えいのうにっき)

                 これをダウンロードすれば任意の期間の再生回数がわかる!……と思ったんですが、このソフト、Javaの特殊な技術を利用しているせいか僕のパソコン(というかブラウザ?)環境では利用できませんでした。フォロワーさんにも試してもらいましたが駄目だったので、ほとんどの人は使えないのかもしれません。

                 じゃあ意味ないじゃん!と思って一度は諦めてたんですが、暫くしてからこれのバージョンアップされる前の旧バージョンである「Count Down iTunes!!」であれば使えるかも?と思ってインストールしてみたらこちらはいけました。ダウンロード先は以下のページから。

                 Count Down iTunes!!を リリースしました。(えいのうにっき)

                 ちなみに、ダウンロードした後はソフトの名称は先程のと同じくsa-boom!!となります。なので一瞬「あれ? インストールするの間違った!?」となりますが、普通に使えるので大丈夫です。


                 操作の仕方的な意味での使い方はリンク先を読んでいただくとして、このソフトを使う場合の注意点は、このソフト入れたからといって過去のある期間の再生回数がわかるわけではありません。iTunesにはいつ再生したかというデータは最新の以外はどうやら残っていないっぽいので、それは不可能なようです。
                 
                 なので、自分でこのソフト起動して、iTunesの情報読み込んで、名前(おそらく皆さん日付をつけると思いますが)をつけて保存して、そうして残した期間の情報のみ閲覧可能になります。基本的には、それなりにライブラリがある場合、1日とか1週間では再生回数に大した差は出ないので、1カ月に1回くらいの頻度で保存しておけばそれなりに面白い感じになると思います。ただ、1カ月に1回だとたまに保存し忘れますけど。

                 ちなみにこのソフト、ランキングをはてな記法もしくはHTMLで出力することが出来まして、ブログなどにランキングを張り付けるのも楽ちんです。その機能を使って出力した僕のiTunesの今年頭から今日8月1日までの曲別再生回数(とりあえず10位まで)がこちら。
                 
                RankSong NameArtistRatingPeriod Play Count
                1Song for friends ?instrumental?麻枝 准★★★★★||||||||||||| 26
                2ツキヨミ (TVアニメ「夜桜四重奏 -ハナノウタ‐」エンディング主題歌)phatmans after school★★★★★|||||||||||| 24
                3遙か彼方Rita★★★★★||||||||||| 23
                3Little Bird (TVアニメ「ぼくらの」エンディング主題歌)石川智晶★★★★★||||||||||| 23
                3降り続く雨の街でManack★★★★★||||||||||| 23
                6キミガシヌマデヒラオコジョー・ザ・グループサウンズ★★★★★|||||||||| 21
                6BEGINNING中西亮輔★★★★★|||||||||| 21
                8JUNGLE LEVELDavid Wise★★★★★|||||||||| 20
                8オラシオン (TVアニメ「ノーゲーム・ノーライフ」エンディング主題歌)白(CV:茅野愛衣)★★★★★|||||||||| 20
                10Before it's too lateBruno Wen-li★★★||||||||| 19
                10少年たちとの別れPMMK★★★★★||||||||| 19


                 ちょっと見にくいですね。ついでに言うとこの出力タグの最後に「/table」のタグを入れないと表は表示すらされません。
                 
                 というわけで、この機能はあんまり実用的ではないようです。はてな記法の方は使えるかもしれませんが、htmlの方はソースのタグの時点で「これ無理だろう」という感じですし、そもそも一部文字化けもあるのであまり実用的ではないです。一応いろいろ調整したら以下の感じですが、自分でテンプレ作ってコピペするのとそんなに手間変わらないかも? いや、流石にそれよりは楽か。

                RankSong NameArtistPeriod Play Count
                1Song for friends 〜instrumental〜麻枝 准26
                2ツキヨミ (TVアニメ「夜桜四重奏 -ハナノウタ‐」エンディング主題歌)phatmans after school24
                3遙か彼方Rita23
                3Little Bird (TVアニメ「ぼくらの」エンディング主題歌)石川智晶23
                3降り続く雨の街でManack23
                6キミガシヌマデヒラオコジョー・ザ・グループサウンズ21
                6BEGINNING中西亮輔21
                8JUNGLE LEVELDavid Wise20
                8オラシオン (TVアニメ「ノーゲーム・ノーライフ」エンディング主題歌)白(CV:茅野愛衣)20
                10Before it's too lateBruno Wen-li19
                10少年たちとの別れPMMK19

                 それはそれとして、このソフトではアルバム別の再生回数なども出せます。

                RankAlbum NameArtistAlbum RatingPeriod Play Count
                1K-ON! ORIGINAL SOUND TRACK百石 元 0|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||| 446
                2K-ON! MOVIE ORIGINAL SOUND TRACK百石 元 0||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||| 431
                3TVアニメ「ワルキューレロマンツェ」オリジナルサウンドトラック中西亮輔 4|||||||||||||||||||||||||| 263
                4TVアニメ「のんのんびより」オリジナルサウンドトラック水谷広実 9|||||||||||||||||||| 206
                5the Garden of sinners -劇場版「空の境界」音楽集-梶浦由記 0||||||||||||||||||| 192
                6DRAGONBALL BGM COLLECTION菊池俊輔 0|||||||||||||||||| 181
                7リトルバスターズ! ORIGINAL SOUNDTRACKPMMK★ 18|||||||||||||| 140
                8「有頂天家族」オリジナルサウンドトラック藤澤慶昌 14||||||||||||| 132
                9ヨスガノソラ 依媛奈緒 オリジナルサウンドトラック -New-Bruno Wen-li★ 22|||||||||||| 123
                10TVアニメ『ぎんぎつね』 オリジナルサウンドトラック加藤達也 0||||||||||| 116

                 アルバムを全曲聴いて「1回」というカウントではなく、1曲訊いたら1回なので短い曲の多いサントラなどは特に上位に来やすいです。また、完全にアルバム毎ではなく、曲のアーティスト名が異なると別のアルバムとして集計するので、複数名義・複数作家の担当しているような作品はアルバムとしてはたくさん聴いていても集計が分散して上位に来にくいです。


                 アーティスト別のランキングも出せます。

                RankArtistArtist RatingPeriod Play Count
                1百石 元 0||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||| 906
                2中西亮輔 3||||||||||||||||||||||||| 512
                3水谷広実 11||||||||||||| 278
                4坂部 剛 0|||||||||| 214
                5菅野よう子 0||||||||| 193
                6藤澤慶昌 6||||||||| 181
                7PMMK★ 18||||||| 140
                8Bruno Wen-li★ 22|||||| 123
                9加藤達也 0||||| 116
                10Rita★ 25||||| 106


                 他にはある期間とある期間で順位比較も出来たり、順位指定してiTunesにプレイリスト出力も出来たりするのですが、それはとりあえず置いておくとして、このソフトを使うときの注意点をまた。

                 ソフトの仕様上、曲のタイトルやアーティスト名などを変更すると新規の楽曲として集計されるようです。

                 どういうことかと言いますと、例えば「Little Bird」(再生回数23回)を2014年08月01日にデータ保存して、2014年08月02日にタイトルを「Little Bird (TVアニメ「ぼくらの」エンディング主題歌)」に変えます。そして2014年08月03日にデータ保存して01日から03日での差分を集計すると、その間1回も再生していなくてもその期間の再生回数が「23回」として集計されます。実際、「Little Bird」はさっきの期間では2、3回しか再生してないんですがタイトル変えたのでトップ10に入っちゃってます。

                 これはアーティスト名でも同様で、百石 元さんがこんなに上位なのも上記の期間中に「百石元」→「百石 元」と表記を変えたからです。菊池俊輔さんも「菊池 俊輔」となっていたものを修正した影響が出てますね。

                 なので、こういった表記のブレを統一したい場合はこのソフト導入前にあらかじめ表記を直しておくことをお勧めします。


                 という感じでいろいろと注意しないといけない点もありますが、眺めていると結構楽しいソフトですので、こういうの好きな人は是非導入してみてください。

                 ついでに、これからは僕も1カ月に1回くらいでランキングをブログにアップしようかと思います。



                TSUTAYAでのレンタル無駄骨を減らそう。

                0
                   かつては僕もレンタルなんてしねえ、CDは全部買ってやんよ派で通常のCDショップは勿論中古CDショップに足繁く通うような人間でして知らない土地でブックオフを見つけたら友人そっちのけでとりあえず入ってしまうようなタイプの(ダメ)人間だったんですが、アニメ関係の音楽を追い始めてからは流石に対象の多さに対する財力的に厳しいものがあり、またそろそろCDの置き場所に困り、一度取り込んだまま埃をかぶっている大量のCDを目にして「なんで買ってたんだろう? ああ今となっては惰性だった」と思ってからは躊躇なくレンタルを利用し放題です。バックアップにしてももう一度この大量のCDをパソコンに読み込む気力もうないしね。むしろ新品で買ったのすら(ry

                   まあまだ一部惰性で買ってるものもありますし、惰性じゃなく買ってるものも結構あります。ただ、新品にしても中古にしても物理的に入手できるのを待っていると大抵の曲はどうでもよくなるのでその曲の存在自体忘れるんですよね。別に忘れたことも忘れるので問題ないと言えばないんですが、思い出したときに集め直すのが結構面倒なんですよね。特にレンタルの場合は後からわざわざ手を出すメリットがあまりないので後からは割と大変で、それを集める作業にここ1、2年勤しんできて漸く今年に入って一段落しました。もうこの先は逃さない!


                   そんなわけでTSUTAYAデビューして久しいのですが、TSUTAYAの商品の配置っていまひとつわかりにくいですよね。最近は検索機もあるので貸し出し中なのかそもそも在庫がないのか、あるなら店によっては地図とかもありますが、家にいる状態ではわからない……。近くに店舗がある場合はいいけど、少し遠出するときはそれだけで時間的にも金銭的にも気が重い……。そして行ったら行ったでそもそも「何を借りたかったんだっけ?」と思うこともしばしば。家に帰ってから「あーあれ借りてなかった!」なんてことも結構ありますね。

                   というわけで、今回はその辺の問題を減らす(あくまで減らすだけ)TSUTAYAのそこそこ便利な機能をご紹介。TSUTAYA利用されてる方には知ってる人も多いかもしれないですが、意外に知らない人もいるのではと。まあ「みんな知ってるだろうと思ってたから誰も言わなかった」って情報が知らない人にとっては厄介だったりするので。え、GEO? GEOは知らん。

                   はい、ではまずこちら。

                   TSUTAYA Online

                   こちらはTSUTAYAの公式サイトになっておりまして、レンタル商品の検索などが出来ます。そんなん知ってるよ、という人が大半だと思いますが、ログインして自分がよく行く店舗をいくつか(最大5つまで)登録しておくとその店舗のリアルタイムでの在庫状況が一覧で確認できます。これは知らなかったでしょ? え。知ってた? ごめんなさい。

                   まあリアルタイムとは言っても12時から24時までの間を3時間刻みなんですけれども。更新も13時とか14時くらいに12時時点のを更新とかなのでタイムラグあります。あると思って急いで向かったけど行ったらなかった!なんてこともまああります。でも返却予定日とかも出ますし、店舗によっては電話して取り置きしてもらえるところもあるとかないとか(あやふや

                   ちなみに、スマートフォンお持ちであればTSUTAYAアプリというのを入れておけば同じように店舗ごとの商品在庫を検索できて便利です。アプリに登録しておけば半額クーポンとかアルバム100円クーポンとかも使えるのでTSUTAYA使うなら登録しておいた方がいいでしょう。

                   あと、ついでに言っておくとTSUTAYAの店舗で最大級の品揃えがあるのは新宿と渋谷(SHIBUYA)です。新宿にしかない商品とか渋谷にしかない商品というのはありますが、新宿にも渋谷にもないけど他のTSUTAYA店舗にあるというのは未だ見たことありません(あ、あくまでCDの話です。DVDは特に新宿は普通にしょぼいです)。新宿や渋谷が利用圏内にある人は積極的に利用してみましょう。利用圏内にそれらがない人は宅配レンタルであるTSUTAYA DISCASを利用しましょう。こちらは2007年〜2008年以前の作品は抜け多いですが、それより後の作品に関しては新宿や渋谷に劣るとも勝らないぐらいの品揃えはあります(劣るのかよ)。ただ、歌詞カードもディスクケースも付いてこないのでそれも欲しい人は要注意。あと返却期限が実質ないので人気商品はマジでなかなか借りられません。ま、そんな人気商品はどうせ実店舗にもありますけど。


                   で、これで自分が行く店舗の在庫状況がわかるのはいいとして、自分の借りたいCDをもっとわかりやすくしたい!という方、アニメ限定ですがそのリリースカレンダーを作りました。なのでどうぞご利用ください。

                  アニメ関連CDリリースカレンダー(2014年07月〜09月)

                   TSUTAYA Onlineにログインした状態で「店舗在庫」や「DISCAS」をクリックするとその商品ページに飛んで各店舗の在庫状況がわかります(スマフォからも同様)。タイアップ情報なども載せてあるので情報探しやすいと思います。更新はフォロワーの小山内ともさんがほぼ一人でやってくれています。ありがたや。ただ、僕も時々手伝っているものの一人や二人ではどうしても更新遅くなったり情報抜けがちになるので、もしそういったものを見つけたときはwikiですので追加・修正していただけるとありがたいです。更新の仕方がわからなければ僕に訊いてください。また、デザインや掲載情報など「こうした方がいいのでは?」というのもありましたら言っていただけるありがたいです。

                   このカレンダーはレンタルするとき以外でも使えると思うのでがんがん使っちゃってください。もっと便利にしていく予定です(出来る範囲で)。



                  「とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲 (10) 」(原作:鎌池和馬 作画:冬川 基 キャラクターデザイン:はいむらきよたか) 感想

                  0

                    とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲 (10)


                    原作:鎌池和馬 作画:冬川 基 キャラクターデザイン:はいむらきよたか


                     ライトノベル「とある魔術の禁書目録」のスピンオフの漫画作品。細かい話はこっちでしたので略。

                     今巻も前巻同様引き続き大覇星祭編。この巻いっぱい大覇星祭編で、長かった大覇星祭編も終わり。

                     読み終わった感想をまず言いますと、面白かった! 素晴らしかった!という毎度の言葉ですね。いや本当超電磁砲の漫画版は少年漫画として非常に良く出来ているのですが、毎回良く出来ているので特別今回を褒める言葉が見つからないというもどかしさ。

                     その中からいくつか気に入ったシーンとか箇条書き。

                    ・上条さん王子様発言のにへーしょくほーさん可愛すぎ。
                    ・しょくほーさん救助する黒子かっこいい。
                    ・しょくほーさんのかくかくしかじか能力マジ便利。
                    ・ていうか考察力発揮してるSDしょくほーさん可愛い。
                    ・上条さんとバカの最強・最弱の拳タッグ超胸熱。しかしたぶんこいつら一番半端ないのは耐久力。
                    ・美琴の信頼に力が沸き立つ黒子に僕の涙腺が沸き立つ。
                    ・大覇星祭終了後も車椅子じゃないといけないから辻褄合わせで立てないレベルの怪我負わされる黒子に涙。
                    ・初春有能。
                    ・幻生チート。
                    虚ろな目に涙を浮かべながら力なく開けた口に唾液を溢れさせるしょくほーさんに興奮してしまったことをここに懺悔します。
                    ・相手の攻撃避けない黒子さんマジ男前。
                    ・しょくほーさんマジ策士……ていうかある意味こちらは黒子以上に捨身作戦。この作品の女性キャラ、女性なのに自分の体に執着なさ過ぎて怖い。その潔さが格好いいんだけど。
                    ・根性入れても血は止まらないし骨だってくっつか……いや、くっつくか。
                    根性最強説。
                    ・ど、ドラゴンってなんぞ……!?
                    ・ドリーと警策、そしてしょくほーさん……こう繋がるか。
                    「操作力…必要かしらぁ?」こういうの、熱い。涙腺に来る。
                    ・婚后さんイケメン。
                    ・嬉しい気持ち、いい。いい。
                    ・佐天さん、いい仕事した。いい仕事したで。
                    ・宝物。宝物。宝物!
                    「ホントしょーがないんだからぁ」のしょくほーさん、美しい。
                    ・姉妹は、仲良く。

                     あー、これは何度読み返してもいいですね。本当素晴らしい作品です。キャラも話も魅力的。キャラは元々魅力的なんですが、何よりこの「とある」シリーズにおいて、やはりこの漫画版の「話」の構成力と煮詰め具合はずば抜けてます。読者が読んでいて疑問を抱くような場所を全てきっちり潰すだけでなく、それを面白く描き、なおかつ、後から相当読み込まないと見落とすような疑問点もしっかりと処理してます。これが出来る作品はかなり少ないというか、前者だけでもほとんどの作品はろくに出来てないと言ってもいいです。

                     今回で言えば、警策さんと黒子の戦いの先の読み合い、裏でやってるバトルとは思えないクオリティでしたね。黒子や初春の対応力・機転が素晴らしく、警策さんもそれに負けない対応。そして最後は読み合いの末の度胸の勝利。少年漫画的に満点です。

                     でもそれ以上に素晴らしかったのがやはりしょくほーさんと木原幻生戦ですね。あの騙し合いの応酬、普通ならハッグズハグの後の偽装グラビトンパネルのところで終わりでも十分面白いです。なのに、その後の扉仕込みのグラビトンパネル、これだけでもうほぼ満点です。……が、そこで終わらない! 自壊コードとリミッター解除コードの書き換えと自己催眠までやる。本当お見事としか言いようがないです。暗部を生き抜いてきた幻生の嘘を見抜く力と義体だらけの体については、原作ファンからすればその辺の想定もありえるのでわずかに引っかかる要素ではあるのですが、でもまあ別にその辺まで突っ込まずあそこでそのままやられてもほとんどの人は納得すると思いますし、ミスとか不満とかまでは至らないと思うんですね。でもそこを両方とも描いてその上できっちり潰し切る(黒子の動体検知シートや御坂妹のワクチンについても同様)。その潰し方も非常に納得できるもので無駄がなく何より面白い。本当にお見事でした。前巻の幻生の身代わりあたりからのやりとりとかも含めてね。

                     それと同時に、上条さんと軍覇による単純パワー勝負自体にも見ごたえがあるのがさらに素晴らしいところ。こういう「バカ」で「無戦略」っぽいバトルもしっかり面白く描ける。本当この作品は隙がないですね。大好きです。

                     だから僕は思ってしまうわけです。いつか必ず来たる超電磁砲TVアニメ第3期においてこの最高の原作を第2期みたいなことにしやがったら許さんぞおおおおお!と。(まだ根に持ってる)

                     いやね、今回改めて思ったわけですよ。レベル0で戦闘能力のない佐天さんや情報分析力とハック力のみが武器の初春たちをどう本編に絡ませるのが一番いいのか、どうすれば魅力的に描けるのか、改めてその模範解答を見せてくれた気がしますね。アニメスタッフの方々にはしっかりこの原作漫画を読んでいただきたいですね。ていうか変に改変とかオリジナル追加しなければそれでいいんですけど。あと2クールあるからって無駄に引き延ばししないこと。まあ大覇星祭編は黒子たちは記憶改竄されてるからほとんど余計なことはできないけどなわはははははは!(なんでそんな攻撃的なんだ

                     でも本当この大覇星祭編のアニメ化にはマジで期待してるので本当お願いします、監督一同。あ、しょくほーさんのサービスカット増やすのは大歓迎です。



                    「のんのんびより7巻 OAD付き特装版」(著者:あっと) 感想

                    0

                      のんのんびより7巻 OAD付き特装版


                      著者:あっと


                       昨年テレビアニメが放送されて程よくヒットした原作漫画の最新刊。今回はOAD付きの特装版も発売。個人的には昨年出逢ったアニメでは一番ハマった作品(ちなみに二番は「帰宅部活動記録」なんな)で、Blu-rayも原作もサントラも全部買いました。なので、今回も当然特装版の方を買いました。

                       ただ、特装版は発売の4か月前までの予約限定だったのにAmazonのヤロー、発売日に届けるどころか発売日過ぎても発送出来ないわメンゴメンゴとか抜かしやがりまして、仕方なく渋谷のTSUTAYAに行ったら普通に置いてあったのでもうそっちで買おうとしたら直前にAmazonから発送メール来ました。うぜえ!

                       それではまずOADの感想から。

                       話は、越谷兄貴が福引きで沖縄旅行を当てて沖縄に行くことに「なった」という話。「なった」だけで行くわけではありません。原作的には原作第6巻の第43話のオチから第6巻の終わりまで。と言っても実質1話ちょいしかないのでアニメはかなり膨らましてますね。(その割にひか姉の醜態とか結構カットされてますけど。1期もそうだったけどひか姉、アニメだと残念キャラ控えめ)空港内での描写も台詞はほぼ全カットでしたし、TVアニメ2期で改めてこの辺のエピソードやるのかもしれませんね。OAD観てない人に対してもその方が親切ですし。

                       いやしかし、正直最近まで「ご注文はうさぎですか?」ばかり観ていた影響で完全に自分の感覚そっちにいっちゃってたと思ってたんですが、アバンの夏の空気感とOPで一瞬で引き戻されましたね。あ゛〜、心がのんのんするんじゃあ〜。れんちょんやっぱり可愛いなあ。ごちうさの「可愛い」とはまた違った意味で。そういえばごちうさにも佐倉綾音さんは出てるんですが、夏海とは全然イメージ一致しないですね。佐倉さんの声自体はかなり特徴的でわかりやすいんですけど、ごちうさは特殊ですし、夏海は佐倉さんの声ハマり過ぎててもう夏海の声としてしか認識できないです。阿澄さん含め越谷姉妹の声優ハマり過ぎ。

                       話自体はまあいつもののんのんなんですが、何と言ってもれんちょんが「行ってきます」を言い忘れに行った相手に「行ってきます」を言いに行くシーン。あのシーンの持つパワーは凄まじいですね。OAD観た人はあのシーン強烈に焼きつくでしょう。あのシーン、TVアニメ第4話のときみたいに悲しいとか切ないとかではないし、勿論嬉しいとかでもないのに、何故か泣けてくるんですよね……。

                       幼い女の子が旅行に出かける前に自分が毎日過ごしている風景に「行ってきます」と挨拶をする……それだけで泣ける。必要以上の言葉も要らず、涙を誘うための人間関係の描写や説明も必要とせずに丁寧に描かれた絵と音の演出の相乗効果で情緒を揺さぶる。アニメーションのパワーを見せつけられた気がしますね。何かというとこういった切なさの描写は人の死などの別れを予感させる「フラグ」を利用して泣かせることが多いのですが、そういったフラグが一切機能しないこの作品でやるからこそ地力が出ますね。飛行機が墜落するとか上京するとか、そういうので泣けるのはある意味当然。ちょっとした旅行でこの感情を呼び起こせるからこそこの演出は価値がある。本当に素晴らしいシーンだったと思います。本当こういうアニメはゴールデンとかで放送していいと思うんだけどなあ。

                       あと、地味に好きなのは福引きで当たった景品を越谷兄が夏海に渡すシーン。何かとスルーされたり避けられたりしがちな越谷兄なんですが、話を振るのは大抵夏海です。流石小さい頃に兄ちゃん大好きと言ってただけはある。そういう夏海にだからこそ渡したのかな〜と思うとなんだか微笑ましい気持ちになれます。いい兄妹ですよね。

                       もうひとつ、地味に好きなシーンは駄菓子屋とれんちょんの関係。れんちょんが駄菓子屋に懐いてるのも駄菓子屋がれんちょんに甘々なのも観ていて毎度とてもニヤニヤほんわかした気持ちになります。まあ宮内家は保護者があのザマなので……。空港でさり気なく手を繋ぐシーン、いいですよね。ただ、7巻のコマ横では駄菓子屋のれんちょん脳度がなかなかヤバい域になってきてる気がします。れんちょんがあの村離れたら発狂死しそう。


                       さて、OADの話はそれくらいにして漫画の方の話。

                       漫画の方はOADの内容からそのまま直接続きます。というか、第6巻からのそのまま続きです。つまり沖縄編。


                      48話:ひか姉……不憫な子
                      49話:ひか姉……残念な子
                      50話:かず姉がやたら頼りがいがあって気持ち悪いなと思ったけどやっぱダメ人間だった
                      51話:夏海はまだしも小学生になだめられるのはどうかと思うよ、ひか姉……
                      52話:なっつん、マジ美少女
                      53話:花火はアレだったけどこういう楽しみ方出来るのは心に余裕がある証拠だよなあ
                      54話:こまちゃんマジ子供回。あと文字しか登場してないひか姉のうざさよ

                       55話。今回のピックアップエピソード。
                       どこら辺がピックアップしたいかというと、139pぐらいからのんのんサントラの「とまどい」を流し始めるといい感じです。終盤あたりで次の「小さな坂道」に行くのがいい流れ。あんまり速く読み進めず1コマ1コマ味わいながら読むのがコツ。こういう話いいですよね。やっぱりのんのんびより好きな作品だなあと思いました。

                       アニメ2期も第8巻も楽しみです。



                      「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 09」(原作:谷川 流 漫画:ぷよ キャラクター原案:いとうのいぢ) 感想

                      0

                        涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 09


                        原作:谷川 流 漫画:ぷよ キャラクター原案:いとうのいぢ



                         原作はライトノベル「涼宮ハルヒの憂鬱」ですが、話自体はキャラと設定を借りただけの全く別物。角川作品によくある二次創作ギャグものです。この巻は今年の3月に出てたんですが、出てたのすっかり忘れてました。

                         こちらの漫画を描かれているぷよさんは「長門有希ちゃんの消失」というこれまたハルヒの公式二次創作漫画を連載されているのですが、それが始まったあたりでハルヒちゃんの漫画はとてもつまらなくなりました。それでもう正直買うのやめよう……と思ったのが何巻か続いたのですが、ここ数巻はやや盛り返しました。ハルヒちゃんは前に一度TVアニメ化されてそれは好きなんですが、特に二期はやらなくていいです。あ、有希ちゃんの消失のアニメ化は期待してます。でもあっちも途中からややいまひとつになるのでそこは上手く改変してください。

                         今回は古泉の機関関連多め。それとヤスミちゃんももう出ちゃいました。原作早く出ないともうハルヒちゃんのキャラ増やせないですね……。

                         ネタとしては、ぷよさんはラブコメ関連のがやはり面白い。ラブコメ関連しか面白くなくなってしまったとも言う。でも、新川キョンはかなりツボでした。あれはずるい。

                         個人的にはもっときょこたんをいじって欲しいです。



                        << | 2/145PAGES | >>

                        スマホ版