総合案内所〜大体のことはここから〜

神前 暁総合案内所
神前さん関連の情報(「涼宮ハルヒの憂鬱」「化物語」など)をご案内します。
化物語シリーズ音楽情報まとめ(個別ページ)

梶浦由記総合案内所
梶浦さん関連の情報(「魔法少女まどか☆マギカ」「Fate/Zero」など)をご案内します。
魔法少女まどか☆マギカ音楽情報まとめ(個別ページ)
-劇場版アニメ「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語」の音楽情報
-劇場版アニメ「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語」の音楽情報
【梶浦由記】ソードアート・オンライン音楽情報まとめ(個別ページ)

ZAQさん関連ディスコグラフィー
-ZAQさん関連ディスコグラフィー(2012年)
-ZAQさん関連ディスコグラフィー(2013年)

search this site.

selected entries

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>


categories




archives

テレビアニメ「ヨスガノソラ」 公式サイト

recent comment

recent trackback

search this site.



others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.01.22 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    Steins;Gate #20「怨嗟断絶のアポトーシス-Finalize Apoptosis-」 感想

    0

       今回の話は、「萎え」。






      ・2010年8月12日。
      ・おかりん、バールのようなものでロッカーを壊そうとするのをクリスさんに止められる。
      ・クリスさん曰く、IBN5100はおそらく元の世界線に戻らないと手に入らない。
      ・そのために、FBに会うために、ロッカーを見張るおかりん。
      ・そこに現われる萌郁さん。
      ・「何しに来た」
      ・「私も、FBに会いたい」
      ・「会いたくないんじゃなかったのか? 会えば幻滅させると」
      ・確かめたいことがある、らしい。
      ・おかりんは萌郁さんと行動をともにすることを拒絶。
      ・……できない。
      ・Mr.ブラウン、何か言いたげ。
      ・M4……?
      ・8月13日。
      ・ついにIBN5100を持っていく人物が。
      ・「あいつがFBか?」
      ・「違う。FBは女の人」
      ・その男の首筋に見覚えのある模様。
      ・タイムリープできると電車乗り遅れる描写もなんだかアレですよね。
      ・IBN5100の運び屋になぜか登場するMr.ブラウン。
      ・萌郁さんはペーパードライバー。
      ・フランス行きの飛行機……結局FBらしき人物は現われず。
      ・おかりんとまゆしぃは最近話していない。
      ・とりあえず、おかりんたちのよく知っている人物にあたってみることに。
      ・ということは。
      ・「どうした、朝っぱらから」
      ・Mr.ブラウンのもとへ。
      ・茶化すようなMr.ブラウンを前におかりんは真面目に。
      ・「お訊きしたいことがあります」
      ・「FBという人物について、ご存じですね?」
      ・「俺たちは全部観ていたんです。ここからIBN5100が運ばれるのを」
      ・「あなたをどうこうする気はない。俺たちはただ、FBに会いたいんです」
      ・Mr.ブラウンの答えは。
      ・「裏切ったようだな、M4」
      ・!?
      ・「FBがつけてくれたコードネーム……FBとあたししか知らない秘密の……」
      ・萌郁さんはFBがこんな男でショックを受けているようです。ネット上の性別・年齢はあてになりませんね。
      ・「フェルディナント・ブラウンって知ってるか?」
      ・「ブラウン管を発明したノーベル物理学者」
      ・「流石だな。その頭文字は」
      ・FB。
      ・「そんなの……ウソ……」
      ・「依存の次は現実逃避か」
      ・「綯が寝ている。場所を変えよう」
      ・綯ちゃんがいるのになぜ……。
      ・というか、まゆしぃの件も、鈴羽さんの件も……。
      ・メールは全部Mr.ブラウンによるもの。
      ・「なんで女言葉だって?」
      ・「お前を騙すためさ」
      ・ありゃー、釣りだったかー。
      ・連絡を絶ったのは、IBN5100を手に入れた時点で用済みだから。
      ・ダイレクトメールで集めたような奴らは扱いやすく、始末もしやすい。
      ・「あなたがSERNの犬だったなんて……」
      ・「鈴羽は、橋田鈴さんは、そんなことをさせるためにあなたの世話をしたんじゃない!!」
      ・「お前……なんで鈴さんのことを知ってる。鈴さんには関係ねえ……鈴さんには関係ねえことだ」
      ・「だが!」
      ・「お前達に何がわかる!?」
      ・君に何がわかる!?
      ・Mr.ブラウンは、喰うにも困る生活を送っていた。
      ・そこに救いの糸を与えてくれたのが。
      ・SERN。
      ・無我夢中でしがみついた結果。
      ・気が付けば操り人形に。
      ・「逃れることなんてできねえ。糸から逃れた人形は」
      ・取り出される銃。
      ・撃たれる萌郁さん。
      ・目覚める……綯ちゃん。
      ・「裏切り者には死ってやつだ。ま、任務を完了しても消されるが」
      ・「犬って言ったな。犬なんてものじゃねえ、家畜さ、俺たちは」
      ・「逃げようと思ったこともあった。こんな俺にも、大事なものができた。そいつは巻き込みたくねえって」
      ・綯ちゃん髪結んでない方が可愛い。
      ・「だがよ、失敗は許されねえ。逃げようとすれば家族も……」
      ・「俺も失敗した。たぶん綯は何も知らねえ」
      ・銃口を自らのこめかみに。
      ・「俺さえ死ねば」
      ・「……待て!」
      ・間に合わず。
      ・嘔吐するおかりん。
      ・萌郁さんを看取るおかりん。
      ・Dメールのことも忘れていたおかりん。
      ・「IBN5100捜索 中止して待機絶対に動くな」
      ・そして世界線を越える。
      ・萌郁さんの部屋の前で。
      ・「IBN5100はしばらく必要なくなったの」
      ・「上司からストップかかっちゃって」
      ・幸せそうな天王寺家。
      ・残ったままのIBN5100。
      ・「あった……!」
      ・「ダル!」
      ・「橋田ならいないわよ。コミマに行くって言ってたじゃない」
      ・タイムリープ。
      ・「ダル、頼む。俺の願いを聴いてくれ!」
      ・まゆしぃの死を防ぐためには、今いるα世界線から最初のDメールを送っていないβ世界線に戻る必要がある。
      ・「それには、SERNのデータベースにあるそのデータを消すしかないんだ」
      ・え? 元の世界線がβなの? だとすると、戻った場合まゆしぃは助かっても……。
      ・「まゆしぃが死ぬとか、阿万音氏が未来人で僕の娘とか、もし全部妄想だったらおかりんラノベ作家になれると思うお」
      ・「そうだったら嬉しいな……」
      ・「牧瀬氏、信じるん>」
      ・「仮説としてはね。できれば客観的データが欲しいところだけど。それは流石に無理だし」
      ・フォークだかスプーンでいいんじゃないんですか。
      ・「お前が作ったタイムリープマシンの出来はガチだった」
      ・「そ、そう!?(喜 あ、って、と、当然でしょ!」
      ・「それに……」
      ・「何よ?」
      ・「何でもない」
      ・この夫婦め。
      ・ダル準備おk。
      ・「ふふ、最初のDメールか。それってあれでしょ? 私が刺されてたとかなんとかっていう
      ・表情が一変するおかりん。
      ・「それであんた、私の身体に触ろうとして」
      ・おかりんの脳裏によぎる……。
      ・これまでのDメールを全て取り消し、世界線を元に戻す。
      ・そこは。
      ・SERNが支配するディストピアが生まれない世界線。
      ・まゆりが死なない世界線。
      ・そして、その世界線では。
      ・牧瀬紅莉栖が。
      ・死ぬ。


       ううむ……まさかMr.ブラウンが。本当おかりんの周りには普通の人がいない。まゆしぃぐらいか。るかはまあ……普通と言えば普通。綯ちゃんも不憫な子。あんな形で親に死なれたらそりゃ萎えちゃん。

       さて、ついに最初のDメールのところまで来ましたが、まあここまで来た以上ひとまずβ世界線に行くのではないでしょうか。それからですよね、クリスさんがどうするのかは。死因が何なのかをとりあえず。そういや、なんであのメールをダルに送ったら世界線が……。

       あ、でも今の状態でβに行ったら、もしかしてタイムマシンもタイムリープマシンも使えないんですかね? あったとしても、1話の時点までは戻れないし、移動する前に策を練るべきか。γ世界線にでも移る道を。それとも、おかりんが……。

       しかし、もし仮にβ世界線に戻った場合、歴史的にはクリスさんとは知り合いじゃないということになるんですよね……それは嫌だなあ。というか、その嫌だなあという気持ちが、「死後」のクリスさんと過ごした時間によるモノってのが不思議な感じですね。ないはずの未来が過去を否定するという感じというか。




      脚本:根元歳三
      絵コンテ:須間雅人
      演出:美甘義人
      作画監督:松原一之、武本大介




      スポンサーサイト

      0
        • 2017.01.22 Sunday
        • -
        • 12:10
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        四日後、お前は必ず死ぬが、俺は世界に抗って見せるとでていこうとするとFBの情報を教えてくれる。コインロッカーにIBN5100を入れた。オカベはロッカーを壊して取りにいこうとするが、...
        • ぺろぺろキャンディー
        • 2011/11/19 7:52 PM

        スマホ版