総合案内所〜大体のことはここから〜

神前 暁総合案内所
神前さん関連の情報(「涼宮ハルヒの憂鬱」「化物語」など)をご案内します。
化物語シリーズ音楽情報まとめ(個別ページ)

梶浦由記総合案内所
梶浦さん関連の情報(「魔法少女まどか☆マギカ」「Fate/Zero」など)をご案内します。
魔法少女まどか☆マギカ音楽情報まとめ(個別ページ)
-劇場版アニメ「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語」の音楽情報
-劇場版アニメ「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語」の音楽情報
【梶浦由記】ソードアート・オンライン音楽情報まとめ(個別ページ)

ZAQさん関連ディスコグラフィー
-ZAQさん関連ディスコグラフィー(2012年)
-ZAQさん関連ディスコグラフィー(2013年)

search this site.

selected entries

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>


categories




archives

テレビアニメ「ヨスガノソラ」 公式サイト

recent comment

recent trackback

search this site.



others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.01.22 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    Steins;Gate #16「不可逆のネクローシス -Sacrificial Necrosis-」 感想

    0

       今回の話は、「失敗しない 後悔しない 人生がいいな」。


       



      ・ピンバッジを注文しようとした男は、バーレル(樽)のような男だったらしい。
      ・それ以上の情報はなし。
      ・2010年8月11日18時35分。
      ・待ち伏せするおかりん。
      ・確かに樽のような……っていうかダル!?
      ・見つからなかったら可哀相だから偽造しようとしてたのか。
      ・「ぬか喜びさせるということか?」
      ・「嘘には二種類ある。人を傷つける嘘と優しい嘘だ」
      ・カッコイイ関智さんw
      ・「そんなことをして鈴羽が喜ぶとでも思っているのか」
      ・溜息をつくダル。
      ・「阿万音氏から誰にも言うなって言われてんだけど」
      ・?
      ・「あのタイムマシンは、過去にしか跳べないらしいんだ」
      ・……マジで?
      ・行ったら戻って来られない。
      ・おかりん気が利き過ぎだろ。
      ・なんとなーくそんな気がした。
      ・今言わないと機会を永遠に失う、というのはそういう意味だったのか……。
      ・鈴羽さんの言葉を先取りするおかりん。
      ・「70年代だって悪くないよ。そこでまた君達みたいな友達を作って、自由に生きていく」
      ・2010年8月13日15時過ぎ。
      ・「たぶんこれでおkだと思うけど、一応最終チェックよろ」
      ・「うん、大丈夫みたい。本当凄いよ、君は!」
      ・複雑な表情のダル。
      ・鈴羽父がつけたタイムマシンの名前、「FG204」
      ・鈴羽さんの自転車を持ってくるおかりん。
      ・鈴羽さんが持っていけるように。
      ・お気に入りの自転車を。
      ・「わかったー!」
      ・「まゆしぃ、鈴さんのお父さんが誰なのかわかっちゃいましたー!」
      ・……え?
      ・「しかも、その人は今このすぐ近くにいるのです!!」
      ・え? え?
      ・「ずっと思ってたんだー。二人はなんかお似合いだなーって」
      ・え……。
      ・「でも今わかりました。それは二人が、親子だったからなのです」
      ・まさか……。
      ・「鈴さんのお父さんは、ダルくんです!」
      ・やっぱり……。
      ・「それはジョークになってないでしょ。そもそもこの変態が結婚なんて」
      ・その発言は酷くね?
      ・なぜそのような結論に至ったか(ダルだけに!)。
      ・「まず、バレルって樽って意味でしょ? 樽……ダル……ダルくん^^」
      ・ダジャレェ……。
      ・そんなことが理由になるか。
      ・「でも、鈴さんがいたレジスタンスを作った人の中には、おかりんもバレル・タイターさんもいたんでしょ?」
      ・「で、2010年のアキバで、タイムマシンを独自に研究できて、おかりんのリーディングシュークリームに、」
      ・「リーディング・シュタイナー」
      ・「について知っている人ね、ダルくんしかいないでしょ?」
      ・そういえば、オフ会にも……。
      ・「そしてまゆしぃの見つけた一番の証拠は」
      ・FG204。
      ・「Future Gadgetのことだよ」
      ・つまり、未来ガジェット。
      ・「そしてね、この横にも文字があるでしょ?」
      ・2nd EDITION Ver2.31
      ・そのネーミングセンス……。
      ・「父さん……」
      ・「そ、そういうときはパパと呼びなさい!」
      ・こんなときくらい変態はやめろよw
      ・変態じゃない気もするけど。
      ・「父さん」
      ・「あたし来たよ、父さんに会うために。父さんの作ったタイムマシンに乗って」
      ・ダルが作ったからこそ会えた。
      ・でも、今度は、ダルが作ったからこそ……直してしまったからこそ……。
      ・「父さんのやろうとしてたこと、あたし絶対にやりとげるから。だから観ててほしい」
      ・「うん、観てるよ」
      ・「絶対に観てる」
      ・抱き合う二人。
      ・これで実際違ったらどうしよう……。
      ・「ちなみに」
      ・「母さん可愛かった?」
      ・「ロリ顔で背が小さくて巨乳ってのをキボン」
      ・「えへへ。それは内緒にしとく」
      ・でも、鈴羽さんは可愛いんだからきっと。
      ・綯ちゃんあたりに手を出し(ry
      ・それじゃ。
      ・「35年後にまた会おう」
      ・「君たちにとっては数時間後か、うふふ」
      ・さよなら。
      ・「鈴羽ー! きっと、また会おうな! 僕その時まで頑張るからさー! だから鈴羽も……!」
      ・タイムマシンは消える。
      ・「頑張れ……!」
      ・バッジは、ラボメンのイニシャルだったっぽい。
      ・だとすると*は……。
      ・晴れない表情のおかりん。
      ・「ダイバージェンスメーターの値が変わっていない」
      ・「今の阿万音さんがIBN5100を持ってきてから変わるとか?」
      ・「鈴羽、54歳になってるわけっしょ? 自分の娘が30歳以上年上……」
      ・某アニメでは、30歳近く年下の叔母さんも。
      ・「結婚して孫がいてもおかしくないわね」
      ・そうなると、ややこしいな……家系図どうなるんだ。
      ・ドアをノックする音。
      ・ドアを開けると。
      ・「Mr.ブラウン……!?」
      ・鈴羽さん、こんないかつい顔になってしまって……。
      ・手紙を渡される。
      ・岡部りん太郎さま。
      ・なぜ平仮名。
      ・橋田鈴。
      ・「もしかして鈴さん!?」
      ・「マジで? なんでブラウン氏が??」
      ・「昔、俺が世話になった人からの手紙だ。今日、お前に渡してくれって頼まれてたんだよ」
      ・マジか。
      ・「この人は、今何処に!?」
      「亡くなったよ」
      ・!?
      ・「十年前だ」
      ・そんな……。
      ・「岡部りん太郎さま、お久しぶりです。阿万音鈴羽です。」
      ・「あなたにとっては数時間前のことかもしれない。今は西暦2000年の6月13日です。」
      ・「結論だけ書く。」
      「失敗した。」
      ・な……。
      ・失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した。
      ・あたしは失敗した。
      ・「あたしがあたしだということを思い出したのは、ほんの一年前だった」
      ・どうして忘れていたのだろう。
      ・こんな重要な事柄を、私が生きて存在するその意義を。
      ・忘れてはいけないことだったはずなのに。
      ・「あたしはこの24年間、記憶を失っていた。タイムトラベルも上手くいかなかった。シミュが完全じゃなかったんだ」
      ・「でも、父さんは悪くない。あたしが悪いんだ。」
      ・「今すぐ1975年に跳んでいれば良かった。2010年に寄り道すべきじゃなかった。わがままを言ってる場合じゃなかった。」
      ・「これじゃ未来は変わらない。」
      ・「IBN5100は、手に入れられなかった。」
      ・「ごめん……ごめんね。」
      ・「あたしは、何のためにこの歳まで生きてきたんだろう。」
      ・「使命を忘れて、ただのうのうと生きてきた。」
      ・「許して。許して許して許して。」
      ・「岡部りん太郎。君はあのタイムマシンオフ会のあと、1975年に跳ぼうとしたあたしを引き止めた。」
      ・「引きとめられた後、その夜に雷雨があって、タイムマシンが壊れてしまったんだ。」
      ・「もしも時間を戻せるなら、あの日のあたしを引き止めないようにしてほしい。」
      ・ゴメン。
      ・ゴメン。
      ・ゴメン。
      ・「こんな人生は、無意味だった。」
      ・そんなこと……。
      ・Mr.ブラウンに、鈴羽さんの人生を尋ねるおかりんたち。
      ・「知ってどうする」
      ・「彼女の最期を、知っておかねばならない!」
      ・それがどんなものでも。
      ・「鈴さんとはどういう関係だ?」
      ・「古い……知り合いです。とても古い……」
      ・「でも、彼女と過ごした時間は、今もはっきりと思い出すことが出来ます」
      ・「あんまり言いたくはないんだがな、」
      ・「自殺だ」
      ・まあ……そうですよね。
      ・「自宅で首を吊ってな」
      ・「そんなことになる一年くらい前から、精神的に不安定になってな。それまでは明るくて、優しい人だったんだが」
      ・……。
      ・「俺のせいだ……」
      ・おかりんが、あの夜、鈴羽さんを引き止めたから。
      ・本当に、そうだろうか。
      ・「おかりん、Dメールを送るの?」
      ・そんなことしたら。
      ・「そんなことしたら、全部消えちゃうんだよ!?」
      ・「わかってる……」
      ・「鈴さんとの思い出も、全部無かったことになっちゃうんだよ!」
      ・「わかっているッ!!」
      ・「おかりん!!」
      ・そしてボタンを。
      ・Mr.ブラウンと会話。
      ・鈴羽さんはやはり十年前に亡くなっている。
      ・でも、自殺ではなく病気で。
      ・「あの人の住んでた家は、今は俺が使ってんだ」
      ・……え!?
      ・鈴羽さんがすっげえ大事に使っていた自転車も、残されたまま。
      ・鈴羽さんとMr.ブラウンさんはお隣さんだった。
      ・でも、ブラウンさんの家が火事でなくなって。
      ・そのとき鈴羽さんが下宿させてあげた。
      ・鈴羽さんは結婚はしてなかった模様。
      ・「なんだか不思議な人だった」
      ・「縁もゆかりもない俺に、なんでこんなによくしてくれるんですかと尋ねたことがある」
      ・そうしたら、鈴羽さんは笑って。
      ・「巡り巡って、人は誰かに助けられて生きている。だから君も、いずれ誰かを助けてあげなさい」
      ・って。
      ・鈴羽さん、上下関係逆転して楽しんでたのかな。
      ・「こいつは鈴さんの持ち物だった。何の数字かわかるか?」
      ・数値が変わっているダイバージェンスメーター。
      ・っておかりんに託されてませんでしたっけ? いや、今の世界線は……どこまで「あったこと」なんだろう。
      ・「鈴さんは病床でいつもこいつを眺めててなぁ。この数字、変わる前なのかな、変わった後なのかな、あたしは変えられたのかなって最期までなんか気にしてたんだよなあ」
      ・数値は、変わっていた。
      ・だが、1%は超えていない。
      ・この時間に山手線が動いている。
      ・まゆしぃも無事。
      ・「鈴羽……これで世界は変わったのか?」
      ・「まゆりは、救われたのか?」
      ・ED。


       やったか……?(←やってない)


       まあ、そもそも1%超えたから、β世界線に移動したからまゆしぃの命が助かるとも、また、移動しなければまゆしぃの命は助からないとも確定していないというか確証は無いですけども、ストーリー的にはやはり1%超えないと駄目なのでしょう。

       それはともかく、今回はダルと鈴羽さん回でしたね。もう少しで近親相姦になるとこだったとは危ない危ない(条例的な意味で)。でも実際はタイムパラドックス的にヤバそう。いや、そうでもないか……?

       ダルにしてみれば複雑でしょうね。自分が開発したタイムマシンのせいで、自分の娘が戻れない過去に行って、自分がそれを完全に修理できなかったから自殺する原因になって。間接的に殺したようなものですよ。いや、実際はともかく、ダルの感覚としてはそうなんじゃないかと。だからこそ会えたということを差し引いても、自分の子供が先に死ぬのは嫌ですよ。しかも死に方が……。

       ということが今回のDメール改変で、ダルが鈴羽さんが自分の子供だということも含めて忘れてしまったのかもしれないと思うともう本当ね……。

       とりあえず今後鈴羽さんが出ないっぽいのはショックです。旅立つ直前の鈴羽さん可愛すぎだろう……! いやでも、まゆしぃだって何回死んでも出たんだからきっと……!


      脚本:横谷昌宏
      絵コンテ:村川建一郎
      演出:平向智子
      作画監督:中村和久、吉井弘幸


      スポンサーサイト

      0
        • 2017.01.22 Sunday
        • -
        • 00:22
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        ゲームだと、ノベルゲーだからマルチエンドで、鈴羽エンドなるものもある。その鈴羽エンドもけっこう大好きなんだけど、ゲームはその内やるんだっけ。
        • こめ
        • 2011/07/23 12:36 AM
        そういえばマルチエンドなんですよね。このストーリーでマルチにするの大変そうですね。
        ゲームやりたいと思ってますが……結局アニメとゲームどっちが先がいいんでしょうかね。
        あ、近いうちにカラオケ行きましょう。
        • 太陽と埃
        • 2011/07/23 11:01 AM
        ゲームやるならどんなエンドか言わない方がいいな。
        カラオケいこういこう。テスト終わったくらいにw
        • こめ
        • 2011/07/24 4:27 PM
        ラジャーです!
        • 太陽と埃
        • 2011/07/25 12:32 AM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        ピンバッチの男がわかったと電話がかかってくる。バッチを注文した男は、バレル、タルだというが、誰かわからない。オカベは、明日タイムリープすればわかるという。そして、タルの...
        • ぺろぺろキャンディー
        • 2011/10/20 2:14 PM

        スマホ版