総合案内所〜大体のことはここから〜

神前 暁総合案内所
神前さん関連の情報(「涼宮ハルヒの憂鬱」「化物語」など)をご案内します。
化物語シリーズ音楽情報まとめ(個別ページ)

梶浦由記総合案内所
梶浦さん関連の情報(「魔法少女まどか☆マギカ」「Fate/Zero」など)をご案内します。
魔法少女まどか☆マギカ音楽情報まとめ(個別ページ)
-劇場版アニメ「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語」の音楽情報
-劇場版アニメ「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語」の音楽情報
【梶浦由記】ソードアート・オンライン音楽情報まとめ(個別ページ)

ZAQさん関連ディスコグラフィー
-ZAQさん関連ディスコグラフィー(2012年)
-ZAQさん関連ディスコグラフィー(2013年)

search this site.

selected entries

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>


categories




archives

テレビアニメ「ヨスガノソラ」 公式サイト

recent comment

recent trackback

search this site.



others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.01.22 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    Steins;Gate #15「亡環上のネクローシス -Missing Link Necrosis-」 感想

    0

       今回の話は、「そんな時代もあったねと いつか話せる日が来るわ」。





      ・実は私、未来から来ました。
      ・2036年の世界はSERNに支配されている。
      ・そこは徹底された管理社会、ディストピア。
      ・逆らうものは皆殺された。
      ・鈴羽さんは、レジスタンスの一員。
      ・こんな世界を変えるため。
      ・世界の破壊を防ぐため。
      ・世界の平和を守るため。
      ・「あたしは、父さんが残してくれたタイムマシンに乗り込んだ」
      ・え、もしかして鈴羽さんのお父さんって……。
      ・いや、それはないか。
      ・「だけど、SERNは研究機関であって、権力を持つ統治機関じゃないわ」
      ・「私は何度もネット上で、ジョン・タイターにそう訴えてきた」
      ・ということは。
      ・「お前、あのとき@ちゃんねるにいた栗悟飯とカメハメ波か!?」
      ・……。
      ・タイターの中の人が名乗り出たのだから自分が名乗り出ないのはフェアじゃないと言うクリスさん。
      ・「ならば俺も倣おう。俺は鳳凰院凶真という真名で、」
      ・それは知ってる。
      ・SERNはタイムマシンの開発に成功し、時間干渉できるようになったことで世界の秩序を塗り替えた。
      ・そして、クリスさんはその開発に最も貢献した人物としてタイムマシンの母と崇められている。
      ・あちゃー、クリスさん子持ちだったかー。
      ・「冗談じゃないわ! 人体実験までするような連中に、なんで私が!」
      ・「未来ではそうなっていた」
      ・それでクリスさんのことを目の敵に。
      ・「ならば未来の俺は?」
      ・「岡部倫太郎はテロリストとして有名」
      ・テロw
      ・SERNにたてついたテロリストとして有名。
      ・そしておかりんもクリスさんも。
      「二人とも、2036年には死亡している」
      ・えー……。
      ・鈴羽さんはさらに過去へ。
      ・1975年へ。
      ・「SERNがタイムマシン開発に成功したのは、2010年に秋葉原で作られたタイムマシンがあったから」
      ・電話レンジ(仮)のことかー!
      ・SERNは通信傍受システムを使って世界中からタイムマシンに関するあらゆる情報を集めていた。
      ・おそらくそれにおかりんの最初のDメールが引っかかった。
      ・ラジ館前で送ったあのメール。
      ・だからSERNのデータベース上のそのメールさえ消すことができれば。
      ・未来は変わる。
      ・SERNがタイムマシンを開発しなかった世界線に、
      ・そうすればまゆしぃもきっと。
      ・「だったらすぐにでも、SERNのデータベースにハッキングをかけて、」
      ・「それにはIBN5100が必要」
      「あたしの使命は、1975年に行って、IBN5100を手に入れ、岡部倫太郎に託すこと」
      ・ん……? なんかいろいろ引っかかるものが脳内にぼんやり……。
      ・「なのに、父さんを探そうとして、この時代に長居し過ぎた。もっと早く行くべきだったのに」
      ・タイムマシンが何故か壊れている模様。
      ・誰かの足音。
      ・おかりんが囮になって逃げる。
      ・タイムマシンが壊れていた原因は、おそらくこの前の雷雨。
      ・落雷したか、それとも浸水したか。
      ・「俺のせいだ……」
      ・おかりんが、引き止めたから。
      ・「……タイムリープマシンで!」
      ・48時間しか遡れないからあの夜までは無理。
      ・まゆしぃとダルに遭遇。
      ・まゆしぃたちを帰らせるおかりん。
      ・声を荒げながら。
      ・「わかった……。でも、危ないことはしないでね。まゆしぃは心配なのです」
      ・「大丈夫だ、約束する」
      ・時刻はもう19時前。
      ・手を振るまゆしぃ。
      ・「タイムマシンを修理するしかない」
      ・うむ。
      ・まず、今から5時間前に跳ぶ。
      ・そこからさらに48時間前まで跳ぶ。
      ・11日の14時まで。
      ・タイムリープマシン開発の前まで跳ぶのか……。
      ・「その二日の間に、何としてでもタイムマシンを修理する」
      ・「出来なければ何度でもその二日をやり直す」
      ・これは、世界を助うためなどではない。
      「まゆりを助けるためのミッションだ」
      ・11日へ。
      ・ラボメン召集。
      ・「未来人すげえ。マジパねえっす」
      ・「直せるか?」
      ・「阿万音氏、自分では無理なん?」
      ・作ったのは父さんだから鈴羽さんでは無理。
      ・「2036年のタイムマシンを、現代の技術で直せるわけ、」
      「やってみなきゃわからん!」
      ・「とにかく二日でなんとかしてくれ、ダル。お前だけが頼りだ!」
      ・「なんで二日なん?」
      ・「! それは……」
      ・言葉に詰まるおかりん。
      ・「とにかく二日だ! もし二日で直せたら、何でも言うことを聞いてやる!」
      ・「先生! フェイリスたんと一日デートがしたいです!」
      ・「わかった。何とかしよう」
      ・「いや、無理っしょ……」
      「俺に不可能はない! 信じろ」
      ・おかりんマジマジ。
      ・承諾するダル。
      ・「あ、あともう一ついい?」
      ・「無事に直ったら、IBN5100と一緒に、75年の伝説の魔法モノ、ラジカル少女オミットちゃんのセル画も持って帰ってきて!」
      ・「自重しろ!」
      ・歪みないな、ダル。
      ・クリスさんにはタイムリープマシンを開発する役割を。
      ・「ねえ、みんなもう一つ何か忘れてない?」
      ・鈴羽さんのお父さん探し。
      ・「鈴さんがタイムマシンに乗ったのは使命とかもあるけど、やっぱりお父さんに会いたかったからなんでしょ? だったらまゆしぃは会わせてあげたいのです」
      ・まゆしぃはいい子だなあ。
      ・アレル・タイターはコードネーム。
      ・本名はわからない。
      ・「阿万音」は母方の名前。
      ・手がかりはこの形見のピンバッジだけ。
      ・それを写メに撮って探しに行くまゆしぃ。
      ・ダル曰く、タイムマシンの構造は電話レンジ(仮)に似ているらしい。
      「阿万音氏のおじさんって、僕たちの近くにいるのかな?」
      ・2010年にダルたちがアキバにいることを知っていたから。
      ・「たぶん」
      ・鈴羽さんはお父さんのことほとんど知らない。
      ・会ったこともない。
      ・全部遺書に書いてあった。
      ・鈴羽さんの父さんはSERNとは別にタイムマシンの研究をしていた。未来を変えるために。
      「あたしは、その意思を継いでここにいる」
      ・「正直……すまんかった」
      ・「あーでも、タイムマシンが直れば何とかなるって。1975年から戻ってくるまでに、親父さん探しておくから」
      ・「だから、おかりんには内緒で、伝説のアニメ、ラジ……」
      ・鈴羽さんの目には涙。
      ・ダル、自重した。
      ・おかりんも父親探し。
      ・未来ガジェット2号 オルタナティブ・エディション、バージョン2.67。
      ・通称「タケコプカメラー」
      ・「CCDカメラが本体下部に搭載されている」
      ・「意外とまともそう! これで上空から探すっていうのは?」
      ・「カメラも一緒に回るので、撮影された映像も高速回転している」
      ・駄目じゃんw
      ・「バージョン2.67でそんな不具合が直ってないの?」
      ・ほんとだよw 何を修正したんだよw
      ・「それが初号機だ。ネーミングは、バージョンも含めてダルの趣味で、特に意味はない」
      ・ああ、なるほど。
      ・ダイバージェンスメーターをおかりんに託す鈴羽さん。
      ・「未来の俺は、死ぬ前にそれをお前に託したのか?」
      ・「ううん。あたしは一度も会ったことはない」
      ・おかりんは、鈴羽さんが所属しているレジスタンスの設立メンバーだった。
      ・マジかよ。
      ・「レジスタンスを設立……くだらないッ」
      ・あれ?
      ・「まゆりを助けることも出来ず、のうのうと生き続けた挙句、そんな中二病みたいな真似を……!」
      「くだらくない!」
      ・「世界に自由を取り戻そうとする、勇敢で立派な志だよ」
      ・でもおかりんがどんな心境でまゆしぃの死を受け入れたのかは気になる。
      ・おかりん、捜し歩くが見つからない。
      ・もしかしたら、近い未来に作られるもので、今はまだ存在しないんだろうか。
      ・OSHM***A 2010
      ・諦めかける鈴羽さんを怒鳴ってしまうおかりん。
      ・あ、まゆしぃ。
      ・「先日誘拐事件が起きちゃいました〜。このピンバッジを付けた犯人を捜してま〜す。ご協力よろしくお願いしま〜す!」
      ・その探し方はw
      ・なんてファンシーな犯人探しビラ。
      ・正義の鉄っつい(ジャスティスオブハンマー)w
      ・「えへへ〜いい作戦でしょ〜。まゆしぃのアイディアなのです!」
      ・「これならみんな、おっ?って思ってくれるかなって」
      ・「作戦名は、『まゆしぃチラシで大勝利』!」
      ・お、おう。
      ・「警察に目をつけられたらどうする」
      ・目をつけられました。
      ・逃げた。
      ・逃げてもメルアド載ってるから無意味なような。
      ・「次からは作戦名も含めて、事前に俺に相談するんだな」
      ・作戦名も含めて。
      ・なんかほのぼのBGM。
      ・クリスさんと遭遇。
      ・「ちょうどよかったわ、大変なことがわかったの」
      ・む……。
      ・「お昼買いに行ったら、店員が話してるの聞いちゃったんだけど」
      「阿万音さんのお父さん、誘拐犯かも」
      ・……。
      ・えーと。
      ・ほのぼのですねえ。
      ・さて、タイムマシンはというと。
      ・「明日までにはなんとか」
      ・ダルすげえ。
      ・「ダルの実力は折り紙つきだ」
      ・「見た目は不摂生そうで、冴えない感じなのにね」
      ・「見た目で判断するな」
      ・いや、ツッコムところそこじゃない気が。
      ・「最終日阿万音氏も手伝って。そして、狭いタイムマシンの中、うだるような暑さに僕らは恥ずかしさも忘れて服を脱ぎ、」
      ・「自重しろ変態!」
      「ダルくんと鈴さんって結構お似合いだね」
      ・これってまさか……いやいやそんなはずは……。
      ・むぎゅううう。
      ・「あのさ、今言わないと、機会を永遠に逃しちゃいそうだから言うけど、」
      ・「なんだ、大袈裟だな」
      ・というか、フラグ的。
      「あたしさ、君達にはホント感謝してるんだ」
      ・この時代に来た時、この時代の方が平和だったのに、知らない人たちばっかりで、なんだか凄く怖かった。
      ・でも今はこうしてたくさんの仲間ができた。
      ・「この時代に来ることができて、君達と同じ時間が過ごせて、あたし、ホントに楽しかった」
      ・ほんのちょっとでも、ラボメンの一員になれてよかった。
      ・「君達と一緒にいられて、よかった……」
      ・「岡部倫太郎!」
      ・「きっと未来を変えてね! 今みたいな、自由な世界に変えて!!」
      ・鈴羽さん、もう帰ってこないみたいだ……。
      ・昼間の露天商から電話。
      ・ピンバッジの件で思い出したことがあるらしい。
      ・すぐさま駆け出していくおかりん。
      ・ここで終わりかー。


       ダルのスペックパないの。


       まあ、鈴羽さん、何もわからないのによくタイムマシン操作できたなという感じですが、取扱説明書でもあったのでしょうか。遺書に。

       しかし、今回の件で改めて世界線絡みまくりって感じでしたね。未来からの干渉が凄まじい。おかりんがレジスタンス作って、メーターも作って、それがきっかけで鈴羽さんやってきて、そのタイムマシンを直すためにタイムリープして、直ったらまたタイムトラベルして……。世界線理論じゃなかったら矛盾起きまくりなような展開ですね。時間的な因果律が滅茶苦茶に。

       とは言っても、α世界線からβ世界線に行く、みたいなこと言ってたのでなんとなくβ世界線は既に存在しているような気になっていましたが、既に存在していたとしたら、そこにαのおかりんが跳んだらその前にいたおかりんは……?

       逆に跳んだ瞬間に世界線が分岐する(確かこっちだったはず)なら、Dメールによる過去改変とかタイムリープさえなければ、まゆしぃが死ぬ回数(全世界線での)も1回で済んだような。

       前回、前の世界線に残された人たちはどうとか言いましたけど、よく考えたら世界線はあくまで今いる世界の可能性の線であって、結局世界自体はその既に敷かれているレールの中から行く末を選ぶび、その通った道こそが世界であり、それが唯一であるっていう方が正しいんですかね。可能性はあくまで可能性のまま。
       
       だとしたら、β世界線に動いても、救われなかったままの人たちがいることにはならないですよね。消えてしまうことにはなりますが……。いや、そうでもないか。その場合、世界は一般的な時間的順序から離れた歴史認識になるのだから、その意味での「異時間」の出来事として前後関係が構築されるのか。


       とりあえず気になるのは、無事にIBN5100を手に入れてメールデータを消せたとしてもその後どうするのかということ。タイムマシンをなかったことにするにしても、いつかまたタイムマシンがどこかで作られる可能性がある以上、電話レンジを解体しても問題の先延ばしに過ぎない可能性が高い。かと言って、公表したらやはり権力闘争を招いてしまう。

       いや……そんなことどうでもいいのか。β世界線に移動して、まゆしぃが助かる。大事なのはそこだけ。おかりんにとっては、ですが。


      脚本:横谷昌宏
      絵コンテ・演出:小林智樹
      作画監督:池上太郎、武本大介


      スポンサーサイト

      0
        • 2017.01.22 Sunday
        • -
        • 10:55
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        スズハは、私は2036年からきたタイムトラベラージョンタイターだよという。人々は自由を奪われ死んだように暮らしてるセルンに支配された未来で、戦うレジスタンスの一員だった...
        • ぺろぺろキャンディー
        • 2011/10/18 7:05 PM

        スマホ版