総合案内所〜大体のことはここから〜

神前 暁総合案内所
神前さん関連の情報(「涼宮ハルヒの憂鬱」「化物語」など)をご案内します。
化物語シリーズ音楽情報まとめ(個別ページ)

梶浦由記総合案内所
梶浦さん関連の情報(「魔法少女まどか☆マギカ」「Fate/Zero」など)をご案内します。
魔法少女まどか☆マギカ音楽情報まとめ(個別ページ)
-劇場版アニメ「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語」の音楽情報
-劇場版アニメ「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語」の音楽情報
【梶浦由記】ソードアート・オンライン音楽情報まとめ(個別ページ)

ZAQさん関連ディスコグラフィー
-ZAQさん関連ディスコグラフィー(2012年)
-ZAQさん関連ディスコグラフィー(2013年)

search this site.

selected entries

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>


categories




archives

テレビアニメ「ヨスガノソラ」 公式サイト

recent comment

recent trackback

search this site.



others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.01.22 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    新海監督は過去作品のサントラをまとめて再発すべきである

    0

      2016/12/19付(2016年12月05日〜2016年12月11日集計分)のオリコン週間CDアルバムランキングで、RADWIMPSのアルバム『君の名は。』が週間で0.8万枚を売上げ、累積売上が35.2万枚に達しました。この結果、RADWIMPSのCDで最高売上を記録していたアルバム『RADWIMPS 4〜おかずのごはん〜』(2006年12月発売)の売上34.6万枚を超え、RADWIMPSのCDで最も売れたCDとなりましたおめでとうございます。

      『君の名は。』はアルバム名からもわかるように、現在興行収入200億円を超える大ヒットを記録している新海 誠監督作品「君の名は。」のサウンドトラックなわけですが、RADWIMPSのアルバムとしても大きなヒットとなりました。

      ちなみに、アニメのサントラの歴代売上はおそらくこんな感じになっているはずなので、

      1 99.6万枚 アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック(2014/03)
      2 38.6万枚 さらば宇宙戦艦ヤマト(1978/08)
      3 38.2万枚 交響詩銀河鉄道999(1979/07)
      4 36.0万枚 宇宙戦艦ヤマト(1977/07)
      5 35.6万枚 EVANGELION DEATH(1997/06)

      来週あたりには少なくとも5位、今週の水準をキープすれば4位になるはずです。映画「君の名は。」の興行収入は、アニメという点ではもう上に「千と千尋の神隠し」「アナと雪の女王」しかいない状態ですが、サントラも似たような状況になっているというわけです。

      ちなみに、千と千尋のサントラはどうだったの?と思うかもしれませんが、千と千尋は21.5万枚です。意外に少ないですね(サントラとしては十分すぎますが)。なお、「もののけ姫」のサントラは35.2万枚。こちらのほうが売れてるという。


      まあそんな感じでサントラも大ヒットしている「君の名は。」ですが、これをきっかけにRADWIMPS自体だけでなくサントラ、特に新海監督の映画のサントラに興味を持った人も少なからずいるのではないのではないかと思わなくなくもない気がしないでもないのですが、比較的視聴しやすい状態にある映像作品に比べてあまりにもアレな新海監督作品のサントラ状況にお金が全然全部なくなって散り散りになる!と戸惑った方も多いのではないでしょうか。


      ひとつずつ見てみましょう。



      まずは記念すべき劇場第1作目「ほしのこえ」、サントラは定価1,600円で発売されていますが……







      プレミア!




      次に、劇場第2作目「雲のむこう、約束の場所」、サントラは税込定価2,400円で発売されていますが……







      プレミア!!!




      さらに、劇場第3作目「秒速5センチメートル」、サントラは単独CD化はされておらず、税抜定価6,658円のDVD-BOX特別限定生産でしか入手できないという元々ハードルが高い発売の仕方ですが……







      プレミア!!!!!!!




      Amazonさんは定価が表示されないので「こんなもんか」と思ってしまいそうで危ないのですが、まあ気づかないで買ってしまうならそれはそれで幸せなのかもしれません(どうせ他の中古では基本在庫すら抱えてないはずなので)。なお、自主制作第1作目の「彼女と彼女の猫」のサントラについてはプレミアつく以前に物理的に入手困難。持ってる人はどれだけいるのか。(若干「ほしのこえ」のサントラで救済されてますけどね)


      プレミアとは言っても、一時期のドンキーコング(スーファミ)のサントラみたいに10万とか20万するわけじゃないし、別に買って損と思うようなコスパでは全然ないのですが(僕も結局プレミア価格で買いましたが1回聴いただけでも元をとれるような曲ばかり)、せっかくの新海監督のサントラ、天門さんの音楽がもっと手に取りやすくなるとよいなと思うわけです。


      なので、新海監督には秒速までだけでも良いのでサントラ集を出してほしいと願うわけです。これは権利なんかじゃなくて義務だと思うんだ。(イメージアルバムもありますが、これもプレミアついてますし曲を網羅しているわけではないので)



      スポンサーサイト

      0
        • 2017.01.22 Sunday
        • -
        • 23:12
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        スマホ版